カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

こんばんわー、蒼也です。


ちょっとバタバタしてて更新滞り&手抜き気味だったぜ、ごめんぽ。

だもんで、今日はちょっと気合を入れて対決18番シリーズでもやってみよかと思うのだぜ。


今回の相手は、な、な、なんとキャバクの店員さんだーーーー。



■舞台設定・・・金があまりないけど頑張ってお気に入りの女の子を指名しに来ました。金がないので1時間くらいで帰ろうと思ってます。



すちゃちゃちゃちゃー。

ってな感じで店内に足を踏み入れ、席についていると、さっそくオキニのキャバ嬢がやってくるではないか。

うほほーい、今日もかわいいじゃねーかコノヤロウって感じで、テンションも急上昇。プチアゲですよ、これ。

しかし、しかしですよ、10分くらいお話したら「ちょっと待っててね」と席を立ち上がる。


ちょ、待て、指名が被ってやがるのか、まだ開始10分wwwww


そして指名嬢の代役とも言うべきヘルプ嬢が代わりにやってくる。

お呼びじゃなーい、お呼びじゃなーい!

貴様と話すために俺はこの地に降り立ったワケではないわっっ、片腹痛いっ。


そんなこと言えるわけもなく、てか、そんなこと言ったら指名嬢への俺の印象サイアクじゃねーかと言葉を飲み込むぜ。


そして「お疲れ様♪」なんて優しい言葉をかける。ホントはどうでもいいのに、貴様がどれだけ疲れていようが知ったことか!


話したくもない女と20分間、気を使いながらお話して、ようやく指名嬢が戻ってきやがる。


やったー、やっと戻ってきたぜ、8000年くらい待ってた気がする><




5分後、彼女はまた席を立っていきました。




また知らん女がやってきた。誰だ、貴様は誰だ。故郷(くに)へ帰れ。




てか、いま何時だ、俺が入店してからどれくらいの時間が流れた?




ヘルプ嬢と話しながら、自然な動作で腕をめくり時計を露出させる。よし、ヤツは気づいてねえ。


そのまま首を回す仕草をしながらチラリと時計を見やる。




もう1時間たつよーーーーーーーーーーーーー。




帰らなくては、でもこの状況、帰れないぞ。

指名嬢にわざわざ金使って会いに来たというのに、15分しか喋ってねー。


こんなんで帰ったら「あいつ何しに来たんだよー、しね」とか思われそうだ。いや、思われるに違いないぜ。




延長決定。

店員の罠か!




2時間後。




そろそろ帰るぞ、帰ってやるぞ、でもいま俺の目の前にいるのはヘルプだ。誰だよ、貴様は誰だよ、四国へ帰れ。むしろ俺を帰らせろ。



だが、ヘルプにチェックを告げてそのまま帰るなんて、なんかできねえええええええええええええええええええええ。



ウイイレやってて、「今日は一試合だけやろう」と決めてからやったのに、なんか試合に負けて、負けてまま今日を終えるなんてできねえええええ、ともう一試合やってしまうときの心境と同じか、これは!



俺の目の前ではヘルプ嬢がかったるそうにこっちを見てる。貴様は見たこともない世界へ帰れ。



そのまま閉店まで帰るに帰れず、俺終了のお知らせ。



ふ、ふんっ、今日のところは引き分けにしといてあげるわっ。
スポンサーサイト
こんばんわ、蒼也です。久々にアレやりますか、対決18番シリーズ。18番まであるはずなのに、まだ9回までしかやってねえでやんの。どんだけスローペースだよ。


今回の相手は満員電車だぜ!

そもそも俺は、あんま電車に乗る機会がなかったんですが、まあこの頃は電車通勤になりまして、電車というものがだいぶ身近になったものです。


でも、俺の住まい的に、だいたい混む方向とは逆だもんで、あまり満員電車というものに耐性がねえ。



だからたまに満員電車にぶち当たると、それこそ激しいバトルが繰り広げられる。



まず満員電車はとても窮屈。

四方八方から乗客の圧力を受けて、だいぶ潰される感じになるわけですよ。

ドア付近なんかにいた日にゃ、物凄いプレッシャー。一体、何人分の圧力だよコレ、ってくらいの重力を感じるハメになる。




しかし。




しかしですよ。




圧力はいいんです。




なぜなら俺は押しつぶされるのが好きだから。ドアに押しつけられるあの感覚なんて、言葉にならんくらい気持ちいいぜ!


ふふふ、満員電車最大の攻撃は俺には全く通じねえぜ。むしろ攻撃を吸収する。どんどん回復していく。ふあははああhじゃはあ。


この勝負、俺の圧勝だな。


しかし、やつはとんでもない必殺技を持ってやがったんです。


俺の圧勝かと思われたこの対決。満員電車のプレスに恍惚とした表情を浮かべていた俺に、部分攻撃が仕掛けられたのです。




ち、ちんこがババァのケツにあ、当たっているじゃないか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




やめてくれー、俺の神聖なるちんこがよりによって、おばちゃんのケツにスクラッチだなんて。




俺はこう見えて、物凄く潔癖症なんです。汚らわしいものに体を触れられるのが大嫌い。


それが。


それが。



俺の最もクリーンな部分、通称マイペニースが汚物に汚されているゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ。

やめてーやめてー。


俺はなんとか向きを変えようとするが、こんなときに四方八方からかかる気持ちいいプレスが仇となり、体を旋回できません!むしろ余計こすれます!!



ひぃぃぃぃ。





満員電車には勝ったが、おばちゃんのおケツにノックダウン。しばらく使い物になりそうもありません。
こんばんわ、ホスト系蒼也です。


夏休みネタも終わったし、久しぶりに対決18番でもやろうかと思った。18番と銘打っているにも関わらず、いまだに8回戦までしかやっていないので、9回戦目をやってみようかと思った。だからとりあえず書き始めてみたけど、俺は一体何と戦えばいいんだ。あー、喉が渇いた。喉が渇いたからとりあえず自動販売機と戦ってきます。よし、記事のタイトルもいま書いた。戦ってやるぜ、自動販売機!


ほらアレだ、家の近所の自販機にジュースを買いに行ったりするじゃないですか。真夜中とか急に「コーラ飲みてえ」とか「ジョージア、ジョージア!」とか「ミロ作りてっ」とか。ミロは自販機では買えないけど。

そんなときって、やっぱアレですよ、小銭だけを持っていくわけですよ。120円きっかり右手に握り締めて家を出て行く俺。さあ、コーラを買うぞ。350CCにするか500CCにするか。500CCだと後半戦苦しくなって、でも保存が利かないから無理やり泣きながら飲むハメになるな。よし、ここはちょっと控えめな気持ちで350CCだ、みたいな。

で、コインを投入するわけですよ。チャリン、チャリン、と。いまどきそんな音が鳴る自販機なんて見たことねーけど。いまどきっていうか、いまだかつて見たことがない。

100円玉投入ぅ。10円玉投入ぅ。ふたたび10円玉投入ぅ。


カチャチャチャ。


ん、最後の10円玉を投入したところでお釣りが出るとこから音がする。なんだよ、ちゃんと吸収されなかったかと、お釣りが出るとこから10円玉を拾って、ふたたび入れてやるぜ。


カチャチャチャ。


あれ、おかしいな、今日の自販機は調子が悪いぞ。まあ、仕方がないもう一度入れてやるか。


カチャチャチャ。


ファァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアック!!!!!!!!!!!!!(Fuck!!)



10円玉が認識されない!自販機の野郎に勝手にお釣りにされてしまう!!

これはまじでFuckな事態ですよ、なにせ俺は120円きっかりしか持ってきてないですから、この10円玉が10円玉として目の前に鎮座する冷たいマシンに認識されないと、俺は一生コーラを手にすることができない。由々しき事態だ。


とりあえず蹴ってみよう。


ガシッ。


蹴ってから10円玉を投入。


カチャチャチャ。


無常にもマシンは10円玉をスルー。そのままお釣りが出てくるとこまで通過。
俺程度の蹴りじゃ屈しないとは、てめえ一体どこの組のモンじゃ。


俺の体内から怒りという感情が沸々と込み上げてくる。


不意に怒りと同時に俺の頭に閃きがよぎる。


「恋はタイミングよっ」


そ、そうだ、タイミングだ。タイミングを合わせればこの残酷なジュースのマシンを倒すことができるかもしれんっっっ。


俺は腰を落とし、左足に重心を乗せる。右足はまるで弦を極限まで引いた弓のように反動力の限界まで力を込められている。

そのままの体制で、まるでユーリ・アルバチャコフ(海老原)の鋭いジャブのようなスピードで左手がマシンへ伸びる。その先には10円玉が。

一瞬の出来事だった。

鋭く伸びた腕から発射された10円玉は機械のような正確さで自販機のコイン入れに吸い込まれていく。

その刹那、パワーが頂点まで達した俺の右足を解き放つ。鞭のようにうなりを上げて、俺の蹴りは自販機の腹部へとヒット。強烈なミドルだ。


喰らえ、俺の魂のミドルキィィィィィィック!!!!!!

※イメージ図
















カチャチャチャ。




ダメだ、違う10円玉を取りに戻ろう。どんなに頑張っても通貨は通過で俺の負け。
こんばんわ、蒼也です。

久しぶりに対決18番シリーズをやるぜ。まだ8回戦目なのね。半分もいってねーや。

というわけで、今回の相手は滑舌の悪い人。ちなみに「かつぜつ」で変換しても出てきやしねーぜ。え、ホントは読み方ちゃうのと心配になってgoo辞書で調べちゃったよ。ちゃんとあった、よかった。

滑舌の悪い人と話してると、たまに何言ってるかわかんないときがあるじゃないですか。

「それでさー、俺思ったんだよね」

ふんふん。

「やっぱさー、ああいう態度はちょっとdかsjfだよね?」

?????????

き、きやがった、滑舌の悪い人の得意技「何言ってるか聞き取れないですよ」スピーク。これが仲いい友達とかなら「ん? なんだって?」だなんてフレンドリーな表情と共に言えるんだが、こういうときに限って会社の上司だったりするのです。

い、いかん、何を言ってるかわからんけど聞き直すのもアレだし、こうなりゃ仕方ない、ということで「あー、なるほど、確かに」とか言ってみる。

「そうだよな、オマエもそう思うよなー」

よし、何を言ったのかはわからんけど、とりあえず会話は成立しとる。

「オマエはどういうときにそう思うよ?」

なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!?!?!?!?

これは想定外の切り返しだ。この問いに正確に答えるにはさきほどの会話をちゃんと理解している必要があるではないか。このままではこの質問に答えられん。かといっていまさら「え、ところでさっきなんて言ったんですか、聞き取れなくて」だなんて言えるわけねえ。

ハハ、だなんて照れた薄ら笑いを浮かべながら「そうですねー、やっぱアレですよねえ」だなんて苦しく言ってみる。なんだ「アレ」って。

「ん? アレって、どんな時だ?」

やばい、食いついてきたぞ。こんな時に限って俺の言葉に食いついてきやがる。普段は適当に流すくせして。ああ、その期待に満ち溢れた表情をやめてくれ。刺さるような視線を俺に投げかけるな。

しどろもどろになりながら「あー、いや実際に僕は体験したことないんですけど、なんとなく雰囲気でわかりますよ」って、あー苦しいっ。なんだよ雰囲気って、どんな雰囲気だよ、だなんて心の中で突っ込みを入れてる自分が切なくなるぜ。

「ふーん」

よっしゃ、興味をそぐことに成功したぜ。そうさ、俺はつまらん人間さ、俺なんかと話してもなんも面白いことないぜ。そんなオーラをかもし出す。一応フォローで愛想笑い。

こうしてまた一日が過ぎ去っていくのです。今回の対決、永遠に引き分け。
こんばんわ、お兄系です。

7回目を迎えた対決シリーズ。髪を切るとき必ず行くところ、美容院。今回はその美容院で髪を切ってくれる美容師と戦うぜ。もっとも、おれは自分で切ってるけど。


髪を切るときはなにかしら自分の中でイメージがある。こんな髪型がいいっていうイメージが。

だが、具体的にどこをどうすればイメージどおりになるのかはよくわからないぜ。

そんなワケでなんとなくイメージを伝えて、おれの髪を切り始める美容師。ジョキジョキ切っていく美容師。

ん。

ちょ!そこはそんなき切らなくてもいい!

「そこはそんなに切らないで」って言いたい。でももう切ってるし「あーあ、そこはそんなに切らなくてもよかったのに」だなんて皮肉をこめて言ったら、その後ちゃんと切ってくれなさそうだし、ここは表情で伝えるしかねえ。ちょっと頬を膨らませてみるぜ。ムっとした表情でさりげなくアピール。だけどおれの気持ちは伝わらない。

どんどんイメージと違った方向に切られていくおれの髪。
けれど何をどう伝えればイメージどおりになるのかわからない、なんだこのもどかしい気持ちは。


髪の毛と同時に大切な気持ちも失くしていくようだぜ。


「こんな感じでどうでしょう」


え、違う。おれの求めていた髪形はこんなんじゃねえ。
もうちょっと、えーっとなんつうか、わかんねえ、わかんねえけど何か違うんだよ!

「ああ、こんな感じでOKっす」

こうしておれは美容院を後にした。覚えてやがれこんちくしょう。
六本木には黒人がうようよいる。

そしておれは黒人が恐いのです。だって強そうじゃん。絡まれたらおれの意識は1秒と持たないだろう。

だから黒人とすれ違うときはいつも命がけだぜ。すれ違うだけでおれのなかで戦いが始まる。

げ、ちょっとおれに近づいてね? ヘイ、ジャップ、カネヨコセーとか言われるんじゃね? ノーマネー!ノーマネー!必死に心の中で叫ぶおれ。

げ、黒人が口を開いた。やべ、食われる食われる!その黒い肌に似合わないアパタイトな白い歯に噛み砕かれる!やめて!オシクナイヨ!オイシクナイヨ!必死に心の中で叫ぶおれ。

げ、黒人の股間が膨らんでる。まずい、掘られる!黒人特有の黒光りしたトマホークに突き上げられる!死んじゃう!ウンコガツクヨ!ウンコガツクヨ!必死に心の中で叫ぶおれ。

げ、黒人がケツをおれに向けている。シット、ケツからかめはめ波だ!黒人特有の黒光りしたにおいと爆音で地の果てまで吹き飛ばされる。ウンコモデルヨ!ウンコモデルヨ!必死に心のな(ry


とりあえずおれはいま生きている。おれの勝ちだ。おれじゃなかったらいまごろ宇宙(そら)まで行ってたぜ。
すっかり忘れてたぜ、ネタに困ったときの対決18番シリーズ。
今日の相手は歩道をのこのこと歩きやがる歩行者だぜ。


おれはチャリに乗って駅まで行くのです。
チャリは早いのです。

でも車の野郎が路駐してやがるから、たまに歩道を走らないかんことがあるのです。


そこで!

行く手を阻むのが!

歩行者!!


ひとりならまだおれのスーパーテクでなんとかなる。だが、3人とかになると非常に強敵なのです。


よし、いまだ!!


とわずかにできた隙をつこうとすると、やつらはフラフラとおれの進路を妨害してきやがるのです。てめーわざとだろコラと心の中で叫ぶ。

チャリンコ最終兵器「ちりんちりん」はなるべく使いたくないぜ。これを使っちまうと、おれでもどうなるかわからねえ。素人が手を出していい代物じゃないのです。

ならばということで、必死にペダルをカチカチさせておれの存在をアピールするぜ。おれはここだ!道を開けるんだみんな!

だがチャリンコの悲痛な叫びは彼の耳には届かない。切ない。

もう20秒くらい歩くのと同じスピードでチャリンコ漕いどる。あ、バランスが崩れる。

とりあえず意味なく蛇行運転してみる。いまおもっきし「じゃこううんてん」って打ってた。ぜんぜん変換されないと思ったら「だこううんてん」だと気づいた。機転が利くね、おれ。


でも道はちっとも開かれないのです。


とりあえず上下運動してみた。チャリンコ漕ぎながら上に下にとぴょこぴょこしてみた。向かい側の歩道の人が変な目で見とる。見ないでよ。

もうムカついた。おれに気づいてくれない歩行者にまじムカついた。


「チャリンチャリン」

おれの後ろから来た自転車に抜かれた。


いまだァァァァァァッァ!!!


すかさずそいつの後ろにつけて切り抜けたぜ。フフ、ぜんぜん関係ない自転車さえも利用するおれって容赦ないぜ。

 | ギャル男日記TOP |  次のページ»»