カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわギャル男です。


お兄系ブランド紹介をやってみようと思った。
てなわけで、第1回は「DOLCE & GABBANA」(ドルチェ&ガッバーナ、以下ドルガバ)だぜ。

もはやお兄系定番ブランドですね。
ドルガバっていえばお兄系ブランドの中でも最も重要な存在といっても過言ではない。

イタリアはミラノのブランドで、まあ詳しい経歴については以下のサイトを参照してくれ。

ファショコン通信


特徴としては派手でセクシー&エレガントって感じ。そして高いw

割とカジュアルなものからタイトで美しいものまで揃ってる。
とりあえずオススメはパンツ、アウター、シャツ、ベルトってとこか。

おれはとりあえずパンツはドルガバで買うことが多いぜ。やっぱ質感とか形とかがバツグンによい。特にジーンズ。お兄系ならば一本は持っておきたいよね。夏とかTシャツの下から見えるD&Gのロゴがめっちゃセクシーに主張しとる。街を歩けば声をかけずとも「さりげなくドルガバのパンツ!かっこいぃ~」ってな具合に3、4人のギャルが股を開いてお誘いしよる。
さて気になるお値段のほうですが、だいたい平均5万くらいです。いまならおれの入りたてのフロの残り湯付き。ちなみにおれは7万くらいのと2万くらいのを持っとる。もちろんローンで買ったぜ。32回払い。嘘だけど。

アウターとかもいいのたくさんあるけど、高くて手が出せてねー。とりあえずドルガバ買うならパンツからってのがよいと思いますよ。それも直営店で。

東京なら、新宿の伊勢丹や表参道とか表参道ヒルズにあるから行ってらっしゃい。渋谷のゼンモールの地下2階の海外ブランド直輸入店にもたくさんあるけど、直輸入のやつだとサイズが日本人には合わないから直営店で買うことをオススメするぜ。

逆にベルトとかは直輸入店のほうがたくさんあるから、そっちで買うといいぜ。ドンキとかでもいいしね。

アクセサリーとかもよいけど、大人なお兄系ならもう一歩上品なブランドのアクセをつけるのが吉。またいずれ紹介しよう。


とにかくアレだ、まずはドルガバのパンツを買え、ということでひとまずこのへんで。おやすみ。


DOLCE & GABBANA公式サイト
スポンサーサイト

ブラウザに

こんばんわギャル男です。

おれもvipperに倣ってSleipnirを導入してみた。

ほら、もうすぐ春だし、なんか心機一転みたいなみたいな。

せっかくだからいろんなもんを新調しようぜ。ちょうど1年前ちんこを新調したように。

よし、金に余裕ができたら美容院に行こう。「この店でナンバーワンのかわいい女の子で。あ、ギャル系ね」って言って指名しよう。指名料3000円までなら出す。そんでもって「もこみちにしてください」って言おう。きっとそのコはあからさまに見下したような目でおれを見るはずだ。やっべ、そんな彼女の目のことを想像してたらちんこがやや勃ってきた。20度くらい。そのくらいの微妙な角度が一番いいよね。ちょうど恋愛の片思いの時期みたいな感じで。これからマックスに向かう期待と不安のいりまじったピンク色な時期。ピンク色のちんこ。童貞のようなきれいなちんこ。そんなちんこに憧れるぜ。


そんな春に向けてのほんのり淡い恋心を、小倉ありすの動画をダウンロードしながら書いてみました。そろそろ歯を磨こう。磨きおわる頃にはダウンロードも完了してるはずだから、オナニーして寝る。じゃね!




「動ナビから来ますた」




いままでのお話はこちら↓
「ちんこの手術物語 その1 ―始動編―」
「ちんこの手術物語 その2 ―電話編―」
「ちんこの手術物語 その3 ―来院編―」
「ちんこの手術物語 その4 ―手術前編―」
「ちんこの手術物語 その5 ―手術中編―」




(…つづき…)


手術後すぐにおれは新橋で鴨鍋を食べてた。「鴨ウマー」みたいなみたいな。

しかしその喜びも長くは続かなかった。
だんだんもぞもぞとし始めるおれ。鴨鍋の前でうねうねしはじめるおれ。


やばい、これはやばい。


そう、だんだん麻酔が切れて痛みがやってきましたよ。


あまりの激痛に「ぬおおおぉ」と吐息のように小さな雄たけびをあげながらトイレに行ってちんこを確認すると、うっわ、紫色に腫れ上がってやがる。


大切な一人息子だがコレは気持ち悪りぃ。

なんだろう。もうおれのちんこがちんこじゃなくなっていまにも襲い掛かってきそうになっとる。ちんこに転位したエイリアン。そんな感じ。

「はふはふ」と呟きながら鴨鍋を食し、なんとか帰宅して泣きながら寝た。けれどそれは地獄のほんの始まりに過ぎなかったのですよ。


とりあえずクリニックから貰った術後の処置についてみたいなプリントにいろいろと注意事項が書いてあったのだが、シャワーは1週間禁止だとか、性行為は1ヵ月禁止だとか。

1番最後の行にこう書いてあった。




勃起は自己にてコントロール




できるか!!ww


おれのちんこはおれのちんこのくせにおれの言うことなんてちっとも聞いちゃくれないんで、とりあえずコンビニ言ったらグラビア見ないしテレビに水着とか映ったらチャンネル変えるしってそんな生活を続けてたんだけども。どうしてもどうしようもない状況に男は必ず1日1回陥るんです。


そうヤツの名は朝勃ち。


毎朝5時くらいにおれは朝勃ちによるちんこの痛みで目が覚める日々を送った。


毎朝泣いた。


正直言って、半端なく痛てえ。

毎朝泣きながら小便して、泣きながら土井たか子を想像した。「静まりくだせえ、静まりくだせえ」と言いながら土井たか子の顔をリアルに想像しながら祈った。さらに泣けた。


まじで抜糸するまで毎日そんな生活。生き地獄を味わったぜ。いろんな意味で。


術後2週間後に抜糸して、さらに2週間後にオナニー解禁して、いやっほーい、1ヵ月ぶりのオナニーだぜーーーーーーって息巻いてオナニーしたら遅漏になっとった。また泣いた。


(…完…orz)
いままでのお話はこちら↓
「ちんこの手術物語 その1 ―始動編―」
「ちんこの手術物語 その2 ―電話編―」
「ちんこの手術物語 その3 ―来院編―」
「ちんこの手術物語 その4 ―手術前編―」



(…つづき…)


麻酔によって完全に感覚を失ったおれの下半身。
いや、ここはあえてこう言わせてもらおう。


完全に感覚を失ったおれのちんこ。


もう恐れるものなんて何もないぜ。いじくりまわされて勃起する心配もねえ。なんせ触られてるかどうかすらわかんねーからな。むしろ勃起しても気づかねーから知らないうちに勃起しててもおれはまさか自分が勃起してるとは思ってないから実際に勃起しててもおれは何も恥ずかしくないのですよ。


あとはただ時間が過ぎ去るのみだぜ。


と思っていたのですが、なんかされてるのは何となくわかる。わかってしまう。おれのちんこがいじくりまわされてる的ななにか。

歯医者で歯を抜くときのような、一応麻酔で感覚はほとんどないはずなのに、「うっわ、いままさにおれの歯が引っこ抜かれてるぜ、うぎゃああ」みたいな感じ。


人間の脳はすごくって、例えばレモンを目の前でぎゅうーって絞りながら「口の中でレモンの酸っぱいのがじわーって広がってく」とか言われると、実際にレモンを口の中に入れてるわけじゃあないのに、思わず唾液が出てしまう。ってバキに書いてあった。チャンピオンで読んだ。


つまりなんとも言えない感覚に襲われるのですよ。いままさにおれのちんこが切られてるんじゃなかろうかって想像してしまうと、もうおれの心はちんこの痛みでいっぱいになる。ちんこで胸がいっぱい。いっぱいいっぱい。


一言でいうと、すげープレッシャーを感じる。


シロッコが近づいてきたときのクワトロさんの気持ちがいまならわかる。おれはニュータイプかと思った。ってかニュータイプかと思うほどの余裕はおれにはなかったw


もうネックレスを触ってみたり、二の腕に爪を立ててみたりとなにかしてないと気が狂いそうになるんですよ。人はちんこの感覚を失うと発狂するんだなと思った。ちんこを大事にできる大人になろうと思った。


とりあえずそれが一時間半続きました…。


ようやく手術がおわったときには、おれは半分気を失いかけてたぜ。

ナースの姉ちゃんがおれのちんこに包帯をくるくると巻いて、一週間後に包帯を交換して、二週間後に抜糸しますよとおれに告げた。

とりあえずおれは「パンツの穿き方なんですけど、ちんこを上にして穿くのと下にして穿くのはどっちがいいですかね?」とデブの方に聞いてみたら、上にして穿いた方が負担が掛からなくてよいと言われた。

おれはおもむろにちんこを上向きにしてパンツを穿きなおし、まるでジェームス・ブラウンのように颯爽とクリニックを後にしたぜ。


ようやくおわったぜ


しかし完全におわったと思われたおれの苦しみは、実はまだおわってはいなかったのであった…。


(…つづく…)

携帯から

20060223174633
こんにちわ、ギャル男です。

昨日飲み過ぎて更新できんかったので、続きはまた今夜。

ちなみにコレは会社のトイレでウンコしながら書いとる。いまからウォシュレットを発動させようと思う。突き上げろ、水ッッ。
いままでのお話はこちら↓
「ちんこの手術物語 その1 ―始動編―」
「ちんこの手術物語 その2 ―電話編―」
「ちんこの手術物語 その3 ―来院編―」



(…つづき…)


手術当日。

20万ほど金を下ろしてバイクに跨るおれ。
ふたたび品川へと降り立ち、意を決してクリニックの門をくぐるおれ。


「こんにちは」


受付の姉ちゃんは相変わらず見下したような微笑を投げかけてきやがる。おれのちんことか想像してきっとびしょびしょに違いないぜ。そんな妄想をして心を落ち着かせるおれ。


そしていきなり手術室に連れてかれたww


ベッドに寝かされたまましばらく待つと、ナースのお姉ちゃんとナースのデブ(女)が現れておれのパ、パンツを脱がし始めたよ!


きゃあーーーーーーーーーー><


さらにおれのちんこをふたりがかりで消毒しだしたww

やべぇ、もうそんときのおれといったらアレですよ、ひたすら勃たないように精神を統一するのでいっぱいいっぱいだったw
デブ(女)がいなかったら危なかったぜ、まじで。さんきゅー、デブw


消毒が終わるといよいよ院長が現れた。相変わらず小太りのメガネのおっさんだな、だなんて思っていると。


麻酔キター!!!!


注射だよ注射!しかも院長「痛いから我慢してね」とか無表情で言いやがる。おいこら、一体どこに射すつもりなんだ!?


ち、ちんこの付け根だァァァッァァ、痛てぇぇぇぇぇぇぇぇっぇえぇえぇぇlfがえあs!!!!!!!!!!!!!!!!!11


さらに続けざまに、今度は棒の裏側にっ!!!!!!


おれ「はぅぁっ」


みるみるうちに感覚が変な感じになっていく。おれの下半身がどうにかなってしまいそうだぜ。


(…つづく…)
いままでのお話はこちら↓
「ちんこの手術物語 その1 ―始動編―」
「ちんこの手術物語 その2 ―電話編―」



(…つづき…)


そんなわけで品川へと降り立ったおれ。
ネイキッドのバイクから颯爽と飛び降り、眩しい太陽の下、ものすごくこっそりとクリニックへ入るおれ。

エレベーターを上がると、なんだか小奇麗な受付にキレイなお姉ちゃんが。おお、こんな爽やかなシチュエーションなのに、おれはこれから「ちんこが曲がっとるんですよ」とか言わねーとあかんのか。いや、ここはおれも大人だからちんこだなんて幼稚な表現はしないぜ。ちゃんと「私のペニスがお曲がりになっているんですよ、どうかお世話になります」と大人の魅力ぷりぷりな感じで言ってやるぜ。


「いらっしゃいませ」


なんて麗らかな笑顔でおれを向かえやがるんだ。その天使のような仮面の下じゃ「あー、また一人ダメチンポがきやがったわ、今度はどんなダメチンポなのかしら、きっと童貞に違いないわね」とか思っているに違いない。なんかそう考えると興奮するよね。おれの曲がりっぷりを見せつけて「きゃああああ、で、出たああああ、殺されるうううう、化け物よおおおお」だなんて言わせてーぜ。ギャル男としては。

そんなことを激しく妄想しながら「あ、す、すいません、○○時から予約してる蒼也ですけど…」と言ってみるおれ。


しばらく待たされた後、診察室へと案内された。院長と称するおっさんがいた。変なメガネかけとった。メガネのおっさん。ちょっと小太りのメガネのおっさん。


そしておっさんはいきなりおれにちんこ出せと要求してきたwwwwwwww


まあしょうがないので出してやったら、おっさん手袋はめだして、え、まさか、まさかおっさん、そのまさかですかァァァァァァァァァァァァ、てな感じでおれのもうひとりのおれをつまみやがった。受付での興奮はすべて吹き飛んだ。急にものすごく冷静になった。現実に戻された。ちょっと小太りのメガネのおっさんに。

そんで昨夜撮ったばかりのおれのもうひとりのおれが一番輝いてるときの写メをお見せした。


「こら凄いねえ、ここまでのは見たことないよ、60度くらいだねえ」


そんな感想などいらんw


とりあえずおっさんは説明をしだした。
ちんこは芯の周りに筋肉みたいな層があって、勃起するって現象はその層が膨張して固くなること、みたいなみたいな。君の場合はちんこの上の部分の層のほうが密度が多いから固くなると上のほうがたくさん膨張して下曲がりになる、みたいなみたいな。

わかりやすく図解にするとこんな感じだぜ。

ちんこ(図解)


とりあえず手術では、この上の層を少し取り除けばかなりマシになるとのこと。皮を切ってめくり上げてオペをするんだってさ、こえー。

ちなみに費用は42万円(税込み)。

た、高いよ!w

二つ返事でOKしたけどな。

帰り際に、あとでクリニック宛に写メ送ってねって言われた。おれのちんこがサーバを経由しておっさんの元へ。これがちんこのIT革命やぁ(彦麻呂)。

そんなわけで次回は手術編だぜ。


(…つづく…)
第1話はこちら↓
「ちんこの手術物語 その1 ―始動編―」



(…つづき…)


「プルルルルル…」

「はい、○○クリニックです」




…!?お、女がでたーッッッ!




ガチャン!!

びびって電話を切る、おれw


いや、こういうとこってさ、フツー男が受付しとるもんだと思ってた。激しく動揺した。

けどアレだ、女がでるとわかればうろたえることはねえ。何事も心の準備ってやつが大事なんよ。


「プルルルルル…」

「はい、○○クリニックです」

「もしもし、ちょっとご相談したいんですが。どうやら屈曲陰茎というやつっぽいんですけど…」

「はい?」

「いや、あの、勃起時にペニスが下のほうにすごく曲がってしまうんです

「え、ああ、わかりました。では一度いらしてください」

「あ、はい」

「状態を確認したいので、来院時に勃起時のペニスの写真を携帯で構いませんので上からの角度一枚と横からの角度一枚持ってきてください

受付の姉ちゃんは軽く笑いながら言う。

「わかりました」

ガチャン…。


ちょ、なにこの会話wwwwwwwww
てか、受付の姉ちゃん、失笑しながら言うんじゃねえ!ちんこ勃ちそうになったぜ、まったく。


とりあえず帰宅後、エロ動画見ながらちんこをMAXに。
ケータイのカメラを起動して自分の一物に向かって構えるおれ。ものすごく真剣な顔をしてたと思う。しかも写りが悪かったので何度か撮り直したw

よし、必要な写真も揃ったし、いよいよクリニックへと行ってくるぜ。


(…つづく…)
こんばんわこんばんわ、イタリアから留学してきたギャル男です。

ちんこの話をしましょう。
おれのちんこは通常時はいたってフツーなんですが、勃起するとものすごく曲がるという生まれついての性質があったのです。

よく右曲がりだとか左曲がりだとかの話を聞くじゃん。おれの場合は縦曲がりなんよ。先端が下のほうに向かって、こうクイッて。
言葉で言ってもわからんだろうから絵を描いてみた。

図解

まずアレだ、ちんこが上に向かないわけだ。そしてフツーのやつより上のポジションにちんこがあるような感じになる。腹からちんこが生えてるみたいな。さらに奥まで入らんわけですよ。
つまりアレだ、入れにくいwwwwwww

バックとかやろうとすると、マトリックスみたいになるぜ。
図にするとこんな感じ。
Dio様ァアァッァァァァァァ

ちょ、アクロバットすぎるだろwwwwwwww

しかもアレだ、こんな珍妙なちんこを見ても女の子は何も言わない。言葉には出さないが明らかに顔がひきつっとる。どうみてもドン引きです。本当にありがとうございました。

てなわけで去年の春に思い切って手術に踏み切ったんだが、そのときの物語を記していこうと思うわけですよ。

まずはネットで調べた。検索ワードは「ちんこ 曲がる」、そして恐らくおれの症状は「屈曲陰茎」と呼ばれるものらしいことが判った。

で、どこで治してもらうか調べてみたら、どうやら包茎手術系のクリニックで治療するっぽい。ただあんまメジャーな手術じゃないみたいで、なんかこう包茎手術とかが大々的にうたわれてるなかに、ホント申し訳なさげに屈曲陰茎って書いてあった程度。

はたしておれのちんぽは無事にまっすぐになることができるのだろうか。おれの心のように。
まずは電話だ。おれは意を決してクリニックの番号をプッシュしたのだった。

つづくぜ。
大きな目標にひたすら走り続けている人。

夢を見失い、何がやりたいのかわからず途方に暮れている人。

悩んで、悩んで、悩んで。

きっとその先には確かなものがあるはずだから。

おれたちはなんにだってなれるはずなんだ。

自分の可能性を信じようぜ。

おれはいま人生の岐路に佇んでいる。

そんな自分自身と貴方のために。

一番大切なものが何かを忘れないために。

この言葉を贈ろう。

聴いてくれ。
↑音が出るからスピーカーをON!

続・amazon

ちょ、amazonのアフィリエイトの審査通ったwwwwwwwwwwwww

はやwwwwww

amazon

ちょ、amazonのアフィリエイトの審査落ちたんだけどwwwwwwwwwwwww

とりあえず審査通る前にamazon貼ったのがマズかったのかもしれんので、全部削除してみた。
ついでにお塩大先生の画像も削除してみて再度登録してみたw

よろしく頼むぜamazonさん。
飯とか落ちてねーかな

まったくやってられんよ。
なんでわしの子供でもない子供たちに毎年毎年プレゼント配らなあかんねん。おかげでわしがどんだけ毎日働いてると思ってんねん。いまから現場でバイトだよ、老体にはきついっての。あ?ネルシャツくらい着るっての。私服はこれしかないんだってば。自分のものなんて何ひとつ買えやしねえ。あー、腹かいー。

昔の自作小説

ギャル男です。いま仕事用のノートに使おうと、全然使ってないっぽいノートを引き出しの奥から引っ張り出してきたんだが。

ページをめくってみたら、たぶん当時書こうとしていた小説のタイトルだろう、ぽつりとこう書いてあった。



「戦う女子高生、155日」



ちょ、おれはどんな物語を書こうとしてたんだwwwwwwwwwww



よし、おれなりにどんな物語になるか予想してみるぜ。

まずは女子高生。女子高生といえばアレだ、いまオリンピックやってるってことで名前はスグリフミエだ。って、そうじゃねぇ女子高生は安藤美姫のほうだった。まあフミエでいいや、とりあえず。

で、フミエが戦うわけだ。ここはストーリーに緊張感を持たすために強い相手が必要だな。よし、ロビンマスクにしよう。フミエとロビンマスクが「どっちがこの学園の真の女王か勝負よ!」なんて言いながら戦うんだ。マリオカートとかテコンドーとかマリオカートとかで。「ちょ、緑甲羅当てるのウマー(;゚Д゚)」とか「ちょwバナナ撒き過ぎやん、自分wwwwwwwwwww」とかいう感じ。

それを155日間続けた末、なんかロビンマスクのマスクの中がムレムレになって、「ちょ、そのマスクは毎日どのタイミングで着脱してるの、風呂入る前に脱いだとして、どのタイミングでかぶるのよ、朝起きて顔を洗ったらかぶるのかよ、出かける前に行ってきますとか言ってかぶるのかよ、どうせちんこもかぶってんだろwwwwww」とかそんな感じでおれはもう寝る。おやすみなさい。
おれもいちギャル男としてウンコ語録を伝説にしようと思った。


ウンコ語録

「俺はウンコの生まれ変わりだ」

「『何故俺はウンコ好きなのか?』それは俺がウンコだったからさ」

「ウンコをしている時の俺はここではないどこかにいる」

「俺のウンコに興奮を感じない奴は二度とウンコの本質に触れられない」

「難民の人達には俺の純粋なウンコに輝かしい希望を見つけて欲しい」

「若く可愛いウンコの悶えには神が宿っている気がする」

「…ウォシュレットからデビューしてビデを平行してやってる奴がいるけど、両方とも中途半端で自滅。自分は、両方をコンスタントにやる唯一の存在にする」

「ウンコを4、5年もやればウンコ的に完成するだろう。」

「ウンコは全部ノンフィクションですよ。僕はそういうウソとかつけないんです。ウソのウンコをしても人の心を揺さぶらないでしょう。」

「汚い肛門みたいになりたくない」

「本当のパンクはロンドンでもなくNYでもなくウンコにある」

「ソリッドにフレグランス・・オレの選ぶウンコは最高にクールだ」

「俺は日本で流行る前からウンコが大好きなんだ」

「俺の家は代々サムライのウンコを持った家系」

「俺の守り神はウンコだと思う」

「200人でレストラン借り切ってウンコしたことあります」

「刃物を使う人はウンコ的に弱いんだよ」

「ウンコは俺の魂をかき鳴らしてくれる」

「俺は悪そうなウンコとは大体友達なんだぜ」

「ファッキン、ウンコ」

「散々ウンコしてきたけど後悔はしてねえよ」

「恋愛はウンコ」

「ウンコは俺の基本。出しやすいしね」

「街を歩くと女はみんな俺のウンコを見ている」

「ウンコしてる俺の姿はめちゃくちゃセクシー」

「ヒデとはあいつがウンコになる前から親友だったんだぜ」

「おれ、大会前からカーンがウンコになること予想してましたよ」

「オマエらが今付き合ってるウンコはオレと付き合えないから仕方なくオマエらと付き合ってるんだ。」

「俺は、ウンコを見る目がある。今飼ってるウンコも俺が選んだから上品な顔になった。」

「1番好きな英語の単語は「UNCO」」


参考サイト:押尾語録
http://www.geocities.co.jp/MusicStar/5178/oshio.html
3 :名無しさん@引く手あまた :2006/02/11(土) 14:52:37 ID:f1dTnugM
事業協同組合に応募するんですが、
履歴書や面接で先方のことは何と呼べば良いのでしょうか?
貴社や御社ではないですよね?


4 :名無しさん@引く手あまた :2006/02/11(土) 14:54:18 ID:90n+8ntO
貴様
劇場版「テニスの王子様」がすげぇぇぇぇぇぇぇぇえぇえぇぇぇッッッッッッッッッッッッ!!!!!!!11

もうけっこう有名だがコレは是非とも紹介させてくれ。
http://www.youtube.com/w/One-hell-of-a-forehand?v=bA1rC0GPAWA&search=tezuka


手塚部長が凄いことになっとるw
あんなショットは全米トーナメントでも見たときねーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ついでにコレも置いときますね。
「実写版ドラゴンボール」
こんばんわ、ギャル男です。

表参道ヒルズオープンしたけどさ。

大型複合施設「表参道ヒルズ」がオープン-2千人が行列
(Byシブヤ経済新聞)


2月11日、大型複合施設「表参道ヒルズ」がグランドオープンした。開業前には表参道沿いに約2千人の行列が出来たため、予定を15分繰り上げ10時45分に開門、関係者が一番客らを迎えた。



なんか入場すんのにすげー並んでたから入りませんでしたよ。
落ち着いたら行ってやるぜ、とりあえずドルガバだな。

その代わりにGUCCI行ってキーケースを買ってきたぜ。
こないだ財布を買ったんだけども、前の財布は小銭入れんとこがふたつに分かれてたんよ。だから手前に小銭を入れて奥に鍵を入れてた。
だけども新しい財布は小銭入れが分かれてないんで、いま小銭と鍵が同じところにあってすげー小銭が出しづれぇ

つーわけでキーケース買いましたよ。憧れのキーケース。いまは自宅の鍵とバイクの鍵しかつけてないが、いずれはギャルんちの鍵とかお姉さんちの鍵とかあのコの心の鍵とかつけたい。心の扉と一緒に股という名の扉も開いてあのコのプライベートに侵入したい。プライベート・マンコ。

とりあえずそんなキーケースをうpしてやるぜ!

セクシー&セレブリティだぜ!
GUCCIキーケース 22050円(税込)

おれにぴったりな、大人っぽさとセクシーさを兼ね備えたキーケースだね、財布とおそろいだし。
これでまた一歩、真のお兄系に近づいたぜ。
表にでろ

ちょ、ちょ、アゴ野郎の後ろになんかいるッッッッッッッッ!!!!
早く逃げてぇえええぇぇぇぇえぇええぇ!!!!!!!!1


こんばんわ、お兄系です。
こないだオカンが道でチェ・ホンマンとすれ違ったらしい。
「すごく大きかった」って言ってた。

後日、オカンのパソコンをいじる機会があったんだが、googleの検索履歴に「チェホンマン」ってあった。

調べたのか…。
ラグビーボール片手に今日も晩御飯、こんばんわ、ギャル男です。

ワックスレポも第3回と相成りました。
どきどきはらはらオダギリジョーって感じですね。

今回は「アリミノ スパイスシスターズ フリーズワックス」ですよ。スパイスシリーズん中で一番強力なやつだぜ。

青色の憎い奴

容器は小っちゃいぜ。他のスパイスと違ってでっかい版がないんだよね、これだけ。どんくらい小っちゃいかというと、冬の寒空のなか必死に表面面積を抑えようと頑張ってるちんこくらい。もしくは修行だからとか言って真冬に滝に打たれて縮こまった修行僧のちんこくらい。

使いかけかよっ><

うん、やっぱり中身も青い。遠い異国の果てで見上げた空のように。汚れを知らなかったあの頃のおれのように。

手に取るとやっぱりノビが良い。フリーズってくらい強力なのにノビが良い。これがスパイスの魅力。

髪につけてみると、やっぱり強力。固まらないのにこのキープ力って感じですね。

コレは全体的につけるより、部分的につけるのがベターだぜ。トップにボリュームを出したいときとか、毛先に動きをつけたいときとか。

スパイスのハードワックスのほうを全体的につけておおまかな流れをつくり、ポイントポイントにフリーズワックスでボリュームとメリハリを。コレ、かなり最強コンボ。手ぐしでリカバリーもできるしマジおすすめ。ギャル男、お兄系ヘアーにしたかったらマジいいよ。ちんこをセルフバーニングしてる場合じゃないって。

ドンキで売ってることが多いので、みんなドンキに走れ。

ちなみにセットして遊びに行って帰ってきたおれの髪型。

ヘアー


やっべ、かっこよすぎてちんこ勃った。
これからもギャル男日記をよろ膣。
おれの名前はギャル男。ウンコとはもう26年来の付き合いだ。それなのにまだやつとは一言も言葉を交わしちゃいない。

仲良くなりたい、そう思ったんだ。

おれはとある朝、便所で思った。何事も最初の一歩が肝心だ。勇気を振り絞って声を掛けるんだ、と。

やはり最初だしはじめましてとか言ったほうがいいだろうか。だがやつはおれの体から生まれてきたんだし、はじめましてはなんかおかしいだろ。よし、なんかこう、隣の席のやつにノート借りるみたいなフレンドリーなノリで話しかけよう。

「やあ、おれはギャル男。君はウンコかい?」

「ああ、おれはウンコだ、ずっと話しかけてくれるのを待っていたぜ。」そうウンコは言っているように思える。

「今日からおれたち友達だよな?」おれがそう言うと、彼は静かに頷いたように見えた。

これからはずっと一緒だ。力を合わせてお互いの人生を歩んでいこうぜ。そう心に誓いながらおれはケツを拭いて水を流して会社へと向かったよ。

表参道ヒルズ

乳輪部隊に入隊してみたら、みんな「乳輪、乳輪、マッハマッハ♪」って言ってて怖くなって逃げ出した。裸で。こんばんわ、ギャル男だよ。

2/11にとうとう表参道ヒルズの商業施設がオープンするぜ。ちょっと楽しみだよね。

どんなブランドが入ってるかっていうと、アレだ、お兄系的に注目なのは、「DOLCE & GABBANA」「alfredoBANNISTER」「YvesSaint Laurent」ってとこでしょうかね。てか、あと知らねーし。

デートとかで行きたいよね。「アレ欲しいなぁ」「ねえねえアレはアレは~、かわいくなぃ~?」なんて言いたいよね。買ってもらいたいよね。骨の髄まで金を搾り取ってやりたいよね。ほら、そのかわりにおれは心を満たしてあげるぜ。おれ自身が彼女にとってのブランドになってや(ry
そんなばかな!

「ちょ、チャック開けっ放しですよ」
3人「えっ」


よい子のみんな、信じているだけじゃ夢は叶わないんだぞ。やっほーやっほーやっほーギャル男おにいさんだよーーーーっ。

今日はナンパの第一関門、最初の声の掛け方についてだ。

結論から言うとアレですよ、よほどまずいこと言わなきゃ最初の声の掛け方で結果が変わることはほとんどないですよ。基本的には。

話してるうちに最初何て声かけられたかなんてむこうも覚えてない。
重要なのは、自分に合った声の掛け方をしてその後の会話をスムーズに持っていくことだぜ。

まあ、とりあえず代表的な声の掛け方を紹介してみるか。

「こんにちわー」
「すいません」
「よー」

みたいな。
その後に続いて「どこ行くの?」とか「何してるの?」って繋げるのが王道パターン。

それに答えてくれたら会話はスムーズだし、答えてくんなくても「いやあ実はおれさー」とか続けたりするのが定番ですかね。

でもアレだよ、同じ質問系でもYES/NOで答えられる質問のほうが返答率はぜんぜん高いんですよ。「よー、買い物中?」とか。あとすぐに答えられるような質問もいいかもな。前によく使ってたのが「よー、何年生!?」っての。けっこう返答率高くて驚いたよ。

まあ自分なりのパターンをいくつか持ってると焦らなくてよいよねよいよね。あとシカトされたときはこう言おうみたいな、相手の反応ごとのパターンも持ってるといい。言葉に詰まったらアウトだかんね。

おれはだいたい「よー、どこ行くん!?」が多いけど。お姉さんには「よー」とか言えんくて、「す、す、すみません、あ、いや、すみませんでした」とかなんかごっつ謝ってる人みたいになっちゃうけど。あんまテンパるとアレだよね「す、すいませんっ、あの、あの、ちんこって呼んでもいいですか!?><」みたいな意味不明なこと言っちゃうから気をつけてね。いやそれはそれでいいと思うけど。
ふいに開けた引き出しから元カノのプリクラが出てきてどぎまぎプリチー、
キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!
なギャル男もといお兄系ですぜ、姉ちゃん。

気志團の結婚闘魂行進曲「マブダチ」という曲がすげーいい曲でね、友人がカラオケで唄ってるの聴いて泣いたんだけども、その1曲のために買うのもアレだし、レンタルするものめんどいし、なんてネット廃人みたいなこと考えてたら、そうだ!って閃いた。ぴかーってなんか閃いた。こう頭の上に電球がさあ。ぴかーーーーって出てき(ry

「そうだ、ダウンロード購入しよう」
やっべ、おれ頭いい。で、いろいろ調べてみたところ1曲200円で買えるようだ。まあ、無料でダウンロードできるソフトとかもあるようだけど、ほら、やっぱおれくらいになると音楽界の未来とか常に考えてんじゃん?アーティストに対する敬意の気持ちとかあんじゃん?なんか違法ちっくで怖えーじゃん?ぜってーザンギエフみたいなもじゃもじゃのオッサンにしばかれんじゃん?

金は払いますよ。それでアーティストの方は生活してんだしね。

で、ダウンロード購入しましたよ。なんとなくoriconで。ほら、やっぱここの社長の宇野さんとかネットの世界じゃ有名だし、おれも関心あるし。って書いてて気づいた、おれ、めっちゃUSENと勘違いしてた。USENだ、おれが関心あるのは。oriconじゃねえ。

まあ、USENと間違えてoriconでダウンロードしちまったわけだけど、とりあえず聴ければいいや。

よーし、って感じでおれのポータブルプレイヤーに転送するわけですよ。明日から出勤しながら聴いたるぜ!みたいな期待を胸に秘めて。

「ちゃんと再生でっきるかな~♪」と再生ボタンを押す。

……。

……。

……。



で、できねえぇぇえー!!!!!11


ま、待て。どうしてだ。

よし、まずは落ち着け。煙草でも吸って落ち着くんだ。






やはり煙草は落ち着くぜ


ふぅ~~。

プレイヤー付属の転送ツールを使って転送したら再生できたぜ。パンツかぶって姫カジインスパイヤみたいな。
やっぱ人間落ち着くことが大事だよね。そんな話。
これで肺まで届かんね

煙草の画像を捜してたら、グロい画像ばっか出てきた。煙草のせいでこんなんなりました的な。ちなみに上の画像は咽頭癌って病気で手術して喉に穴をあけたものらしいぜ。ううーむ。こんばんわ、お兄系でっす。

おれはまあ、それなりに煙草吸うほうだけど。1日半で1箱とかそんなペース。しかもマナーが悪いぜ。最近はマシになってきたけど、もちろん街中が灰皿だし誰と居てもお構いなく吸うしたまに食ったりケツの穴に入れて「たまにはケツにも味わわせてやるぜ!」みたいな。

でもアレだよな、マナーの悪い男はモテないよな。

そんなわけで最近はだいぶ気をつけてはいますよ、まだまだだけど。
むろんやめる気は毛頭ないけどね。減らしたいとは思っとるよ、金かかるから。でもやるめよりも減らすほうが難しくね。手元にあると思わず手が伸びるやん。


で、本題なんだが。

煙草を吸うことを逆に利用してやろう、と思うのですよ。ターゲットの女がいるとして、たとえば待ち合わせの場所とかで煙草を吸いながら待つ。渋谷センター街の入口付近の喫煙コーナーとかで。
そして女がやってくる。煙草を吸う男だってことを認識するだろうね。

そして。
その後、女と一緒に居るときには一切煙草を吸わずにいるのです。
すると「なんで煙草吸わないの?」などと聞いてくるわけですよ、そしたらもう勝負は決まったようなもんだぜ。「だって、君は吸わないじゃん」と決めの一言。

ピッピッピーって試合終了のホイッスルが聞こえてきそうですね。もしくは角田がおれの右腕を上げるみたいな。

またひとりギャルの心を盗んでしまったね。
煙草吸う女には使えねーけど。

禁煙

全席禁煙!に限りなく近いですよ

どっちやねん!

再殺部隊

こ、このスピード…!おっさーんか!?

「貴様、絶対に許さんぞッッッ!ぶっ殺してやる。必ず追いついてぶっ殺してやる。」
お、おっさーんが、真っ黒なおっさーんが物凄いスピードで追いかけてくるゥゥゥッッッ!


おれのちんこより美しいものはない、こんばんわ、お兄系のようなナニかです。

なにを隠そうおれは大槻ケンヂが好きなんだけども。なにを隠そうとかいって、ナニを隠そうってカタカナにするだけでちょっと卑猥。むしろ優雅な響きになるよね。

そんなわけで、筋肉少女帯、通称筋少が大好きなんだぜ。

今日はそんな筋少から1曲紹介しよう。とにかくメロディーと歌詞が泣ける、めったに泣かないおれから聖水を流させる、オプション料取るぞ。それじゃあ聴いて下さい、筋肉少女帯で再殺部隊。


再殺部隊

ああ、夜は明けて ユラユラ歩を合わせ
近付くのは 14、15、16の少女の屍だ
さあ銃をかまえろ 銃爪を

髪の毛も指も 思い出も骨も
くだけよもう一度闇に帰してやれ
恋人見つけても心凍らせろ 目を伏せるな

あのね、あたしたち好きな人に もう一度会うため歩いただけよ

ホラ いつものように ホラ 町へ逃がすな
撃ちまくれ死者に哀しみはないから
撃ちまくれ罪の意識はひとときだ 気の迷いさ

あのね、あたしたち好きな人の 肌に触れるため歩いただけよ

その深い哀しみからのがれるために 少年は部隊に志願した
おそらく神のきまぐれで あの世から蘇った14歳から16歳までの少女たち
歩き回る屍を 鋼鉄の銃弾で もう一度闇に帰し 始末するために
部隊の規律は厳しく 右向け右! 僅かな心のゆらめきも 許されなかった
少年にはかえってそれが心地良かった このまま何も考えず
ただ 少女達を始末してさえいれば それで 俺の一生はOKだ
もう 誰も失うこともない…
それはとても楽な事だから きっと楽な生き方だから

…ある日 少年は屍の中に恋人を見つける

あのね、あたしたち好きな人に もう一度会うため歩いただけよ
でもね、許されないのならば どうぞ、メチャクチャにして欲しいな
だって あたしは好きな人が 血まみれだって抱いてあげるワ
だって あたしの好きな人は 血まみれだって抱いてくれるワ

髪の毛も指も 思い出も骨も




切ない、切なすぎるぜ。ラストがやばいね。これぞ本当の愛ってやつだよね。
ゾンビになった少女がめちゃくちゃにしてくれて構わない、と。だってあたしの好きな人は血まみれのあたしだって抱いてくれるわって。死者だろうが醜いゾンビだろうがそこに変わらずにある愛。そんじょそこらの綺麗な言葉を並べただけのラブソングなんかより、ずっとラブソングだと思うぜ。おれもそんな恋愛をしてみたいぜ。みんな遠慮してないでどんどんおれのとこに来ていいんだぜ。まったくみんな照れ屋さんなんだから。
「俺様に指図するなァァァアァァッァァ!」エリートサイヤ人、破壊王子ギャル男です。こんばんわこんばんわ。

本日はワックスレポ第2回ですね。そわそわしますね。むしろムラムラしとるけど。

今回レポするワックスは、「アリミノ スパイスクリーム ハードワックス」ですよですよ。うはーーーーーーーーーーー。

緑色の憎いヤツ

もうけっこう有名になったスパイスシリーズ。メタリックな容器がなんだかスタイリッシュでパンキッシュ。ナニかが溢れそうなくらい。

あんなとこやこんなとこに塗ってみたい……

ふたを開けると青りんごの香りがちんこいっぱいに漂ってくんね。

手に取るとものすごくノビが良く、髪の毛にすげー馴染む。おま、おれの髪の毛が昔失くした思い出とか詰まってるんだろうね。

そして、何気にすげースタイリングがしやすい。さすがにトップにボリュームだしたり髪の毛を立たせたりナニを立たせたりするには少々パワー不足だけれども、全体的に使うにはまさに理想的なワックス。

おれもまずはコイツで下地を作る。全体に馴染ませて、動きをつける。まじでベース作りにはうってつけの憎いヤツって感じだぜ。ある意味ちんこ立つわ。

その後、強力なワックスでトップとかにボリュームをつくるんだけども、それはまた次の機会に紹介しよう。

パッケージもでっかいのとちっこいのの2種類あるんだけど、でっかいの買えばけっこう使えるし、まじでオススメだぜ。
マツキヨとかじゃあんま売ってないんで、ドンキ行けドンキ。ヘアサロンとかでも使ってるとこもあるらしいし、なるほど納得な感じでおれはもう寝る、次回のギャル男日記もおもしろかっこいいぜ!

109-2

ここが新ギャル男の聖地でござるか

ワインレッドのように赤い情熱を今日も与え続けるギャル男です。
(⊃д⊂)コンバン…∩・д・∩ ワァー★

どうやら109-2にメンエグ系のフロアができるみたいだぜ。

Elastic
ギャル男の聖地が誕生


ギャル男の聖地が誕生
コンセプトは「渋谷系メンズファッション」。
6階もメンズコーナーになるのだとか。
これからは伊勢丹新宿の新宿系と渋谷109-2の渋谷系。
それに個性派の原宿系の3強時代に突入ですね。
三国志的にいうと新宿系が魏。原宿系が蜀。
ちなみに孔明は藤原ヒロシ氏。渋谷系ことお兄系が呉。
というところでしょうか。



渋谷系が呉か…。なんか地味だなw

たぶんおれは新宿系ってことになるんだろうけど、心は渋谷系。むしろセレブ系。てゆーか、よく考えたらアレだよ、買い物はほとんど表参道でしたよ。気持ちはいつでも君のとこにあるからいつでも来てください。股開いて待ってるから。開くのはおれじゃねーけど。

そんなわけで表参道系ってのはないのかな。ブランドは新宿とかぶってるけど。とりあえず呂布を希望します。1番好きなのは孫策だけど。いかんいかん話が思わずマニアックな方向に行ってしまった。

とりあえずオープンしたらインナーとかでも買いに行こうかと思った。でももうすぐ春だから別にいっかなとか思った。行くけど。


そもそもここのブログ「ギャル男日記」ってタイトルなのに、おれはギャル男じゃなくてお兄系じゃんって誰も指摘しないのはアレか、みんなうんこ系とか思ってるからか、やばい面白いこと言えんかった。

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。