カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、蒼也です。


花火の話、実は一緒に行ったギャルがこのブログを見ているので詳細は書かなかったんだけども、許可が降りたので書くぜ。

ということで、なぜかギャル男日記の読者さんのひとりと花火大会に行くことになって、そんで行ってきたってわけです。

ひとつの出会いが人生に大きな影響を与えたりするので、俺はとりあえずいろんなやつに会うぜ。


その子はなんか元彼のこととかいろんなことを抱えていて、じゃあまあ、純粋に花火を楽しみに行くのもいいかもなー、と。

そんなわけで、例によって渋谷に集合。銀座線で浅草まで行くつもりなので、マークシティの前で落ち合おうと思ったんだが、返ってきた言葉が「マークシティわからない」と。じゃあツタヤの前の喫煙所ねと伝えると「どこ?」。


どんだけww


センターの入口だと説明してようやく理解を得たぜ。で、ご対面。


ギャルだw


しかも風邪引いてて具合悪そうw



しかしまあ、このブログを読んでてよく俺とサシで会う気になるなー。いろんな話を聞いてなきゃ確実にギラついてましたよ。かわいいから。



しかし相方とは違い鬼にはなりきれないお人好しの俺は、邪な心を抑え、紳士に徹するぜ。もちろんギャルのほうがその気があれば受け容れ態勢は万全だがな。


カフェで一息ついて、一路、浅草へ。


電車中、途中の駅でおばちゃん二人組が俺らの隣に座ってきました。二人分座るにはちょっときつそなスペースだったので、俺らはちょっと横にずれてスペースを空ける。

するとおばちゃんは、「ごめんねー、でも細いからいいわねー。私なんて幅取っちゃうからー」と言ってきた。


「いやいや、十分細いじゃないですか。僕、惚れそうになりましたもん」


おばちゃん口説いてどうするんだ、俺。まあ、条件反射ってやつです。


なんやかんやで浅草に到着。

地上へと出ると、うわー、すげえ人だ。そして熱い。熱気が熱い。



まあ、ぼちぼちと会場近くまで歩きますかと、まるで中学生同士のデートのような距離感で歩いていく。新鮮だよ、もはや新鮮だよこのシチュエーションは。たまにはこういう純粋にイベントを楽しむデートもいいもんだぜ。


後編に続く。
スポンサーサイト
こんばんわ、蒼也です。


なんやかんやで最近、更新が少なかったぜ。
なんか急に仕事が忙しくなって困る。しかも風邪引いた。くしゃみが止らんぜ。

そんななか、隅田川の花火大会とか行ってきました。

んー、ちょっと風邪気味だなーとか思ってたら、相手はもっと重症だったぜw


久々の純粋な花火デート。打ちあがる花火を見つめ、おーすげーな、と。

どうだ、俺にも綺麗な心があるだろう。いつもヤルことばかり考えているわけじゃないのです。綺麗な心で花火を見つめる、そんな気持ちも持っているのです。ほら、だからそんな綺麗な心に抱かれたいギャルたち、とりあえずアポれ。
こんばんわ、蒼也です。


ついに己の熱き魂を呼び戻すことに成功した俺たち。その勢いでギャル二人組と居酒屋へ向かう!果たして今後の展開は!?のつづき。


居酒屋へと到着し、15分ほど待って席へと通される。まあ、なんてことないテーブル席。一輝が先に座り、それに続いた俺は、もちろん一輝とは反対側へと着席。ほどよく飲み始めるぜ。

で、とりあえず年齢を聞くと。

「2歳」

名前を聞くと。

「じゃあ名前をつけよう」

とりあえずマトモな答えが返ってこねー。
コレ、結局最後まで不明だったしw


で、付けられた名前がコレ。

一輝 → ベル
俺 → サイユ
元着ぐるみギャル → の
スーパーSのギャル → ローズ

どんなやねん。


そして、ローズはまじでSだった。
俺の人生の中で最もS。ギャルたちはなぜか生レモンを持っとったんだが、とりあえず全員強制的にかじらされた。5周くらい。


凄まじく酸っぱいんですけど。


その後、梅酒の梅は食わされるわ、苦いわで散々な目にあいました。もっとも一番被害をこうむってたのはお隣の一輝だったが。


とりあえず、勝手にローズさんが片割れのギャルにも飲ませていて、ほどよくみんな酔っ払っていきました。

ってか、酔う前から店員に絡みまくってた。とりあえず店員呼ぶときは名前で呼ぶ。指名して呼ぶ。そして絡む。


なんて威勢の良い娘っ子たちなんだ・・。
おっさんにはついてけないぞ。


あげくの果てには隣の客にも絡みだす。なぜか最後の方「ちゃらちゃっちゃちゃらっちゃ~♪」とムディー勝山の合唱だったし。隣の知らない人たちと合同で。


なんだかんだで、何もしなくても隣のギャルは寄り添ってくるし、ベタベタしながら、向かいのスーパーSのローズさんと戦ったりしとった。だめだ、俺はSは苦手だ、どうしても反抗してしまう。


結局、朝まで飲み明かし、絡み明かし。


朝直前くらいに隣のギャルは彼氏と電話しだすし、なんて自由奔放なんだよ。その後もメールずっとしてるし、ベタベタしながら。どないやねん。

でも、そのやり取りでなんかあったらしく、なんか突然泣き出しやがった。もう帰る時間ですよ。店を出て、情緒不安定になっておりました。おいおい、まじかよ。


んで、「帰るー!」と喚きながら、ハチ公前で座り込み泣く。


ちょ!やめて!俺が泣かしてるみたいじゃん!


もちろん俺は何もしてません。

ローズさんのほうはもう俺んち来る気まんまんだったらしいんですが、こっちがこの状態じゃもうどうしようもない。


結局、タクシー乗せて、帰らせました。


今回思ったこと。

飲ませすぎると逆に無理になる女もいる。
こんばんわ、右から来たものを左へ受け流す蒼也です。ご無沙汰。


土曜日、久々にストに出てみたぜ。

しかし最近はまったく成功しない。あまりになんもなさすぎて成功するイメージがまったくできない。数年前はそんなことなかったんだけどなー、きっとそんな時代なんだろうなどと半ば諦めつつありました。

この日も例に漏れず、散々な反応。やっぱあかん、全体的にナンパはあかんのだ、きっと。

夕方くらいから出て、数組にお声掛けさせていただくも、なんとも微妙な反応。もうアレだ、これからはクラブで頑張るしかねえ。苦手なクラブを克服して頑張るしかねえ。12時くらいになったらキャメロットに行ってみよう。そんな流れになっていたのです。


そんな折、道玄坂あたりでアホそうな二人組にお声掛けさせていただいたんですが、頑張ればイケそうな雰囲気。でも頑張れない、まったく頑張れない俺たち。ちょこちょこっと話して放流された後に一輝は言った。

「もうちょっと押しましょうよ」


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


それだ、それだよ。数年前に比べてオシャレになり、格好よさに磨きがかかり、仕事もちゃんとしている。そんな状況が変なプライドを身につけさせすぐ引くようになっていた!!

声をかけてるのにノリも悪く明るくなくなっていたのです、俺たちは。


ついに気がついてしまった。
しかし問題点に気がついたということは、その問題を解消することができるということだ。


そして俺らはキャメロットへ行く時間を少し遅らせて、声のかけ方を変えてみたのです。ノリ出していったのです。



は、反応がまるで違げえ!!



ああ、ノリだよ、やっぱナンパはノリだよ。そんな基本中の基本を忘れていたなんて。小手先だけのテクニック云々より、まずはノリだよ。


「これはイケる」そう感じた俺らだったが、もう時間も12時半を回って、人も少なくなってきていた。とりあえず学んだこの教訓を次に活かし、今日はキャメロットへと足を運ぼうか。最後にあいつらだけ行ってから。


と、文化村通りを駅方面に歩く二人組にアッターーーック。



「なにしてんの?」

「んー、なんかブラブラ」

「よっし、じゃあ飲み行こうぜ」(会話は一部のみ抜粋)



ノリで飲み行くことに。あー、なんか久しぶり。まじどんだけー、なんですけど。


ナンパが成功しないのを時代のせいにしていた俺ら。だが、本当の理由に気付いてしまい、それを克服した俺らは、復活の黒狼。リバース・ブラックウルフ。完全に復活したぜ。あの頃の熱き魂を思い出した。


見事復活の狼煙を上げた俺たちは居酒屋へと向かった。居酒屋での奮闘は、後編へ続く。
こんばんわ、蒼也です。


また変なカテゴリを作ってしまった。
なんかカテゴリが多くなりすぎてなにがなんやらですね。

勝手にナンパ用語はその名のとおり、勝手にナンパ用語をつくって解説しまおうという、ネタがない昨今、なんとか場をつないでくれるんじゃないかという淡い期待をこめて作った連載物なのです。




【閑話休題】

最初に声をかけるときに、「すいません、ギャルになりたいんですけどコーディネートしてください」とか「ここらへんに寒さをしのげる場所はないですか・・」とか「石原良純見かけなかった!?」などといったナンパとは直接関係ない言葉で笑わせて場を掴み、「ところで何してるの?」と急にナンパモードに転換する手法のこと。

意表をついた一言で笑いを取ることで、本来なら無視するつもりだった女を無視できない状況に持ち込むことが可能。いろいろなパターンを開発してると、もうナンパ後のことより、開発した言葉でどんな反応になるかが楽しくなってきて本来の目的を見失う可能性もある。けど、それはそれで楽しいしガンガン行けるから結果オーライなすばらしい技。

蒼也はこの技を結構多用する。
こんばんわ、蒼也です。


今日は月曜ですが、祝日なので休みです。
けれど、台風が来るとか来ないとかでこの3連休はあまり活動的とはいえない時間を過ごしてしまいましたぜ。


買い物行ったけどな。


ところで、今日は月曜なので嵐の宿題くんを見ていたのですが、ゲストが上戸彩だった。


あー、やっぱかわいい。好き。


上戸彩と付き合うにはどうしたらいいんだろうと本気で考えてみたぜ。


<1>芸能人になって知り合う

おお、これはかなり現実的な線ではなかろうか。どっちにせよ、俺はそのうちCDデビューするはずだから、ありえる。プロモで使おう。


<2>偶然、曲がり角でぶつかるディスティニー

おお、なんて運命的な出会い方だろうか。けれどそんな確率は億万分の一だし、そもそもぶつかったところで、「あ、ごめんなさい」の一言で終了。諦める前にゲーム終了ですよ。現実はそんなに甘くはない。


<3>ナンパする

意外と芸能人なら無視されないんじゃないか、という期待。うん、無視されない気がする。無視はされないけど、確実に連絡先は教えてもらえないだろう。戦う前からゲーム終了。


<4>友達の友達

うわー、すげえ自然。そこはかとなく自然に知り合える。けれど上戸彩の友達と友達になることが至難。誰だよ、わかんねーよw



そーいや、昔、後藤真希に声掛けたことあるのを思い出した。渋谷で。

「カラオケいかがですかー?」と。


上戸彩のお友達の方へ。もしこのブログを見ておられたら、ぜひお友達になろーぜwww
こんばんわ、蒼也です。


昨日の記事の後、誰からもマイミク申請がきませんでした。


死のう・・。



とりあえず今週はアレだ、会社の人たちと初のコンパに行ってくるぜ。
でも俺はギャル男なんで確実に浮くね!


ひゃっほーい。

こんばんわ、蒼也です。


この2人、似ていると思いませんか?


井上真央
http://www.fujitv.co.jp/first-kiss/chara/mio.html

長澤つぐみ
http://image.blog.livedoor.jp/tsugublog/imgs/8/a/8a025fa7.jpg



ちなみに長澤つぐみを知らない人に説明すると、俺の好きなAV女優です。あー、まじかわいい。


あんねー、俺はわかってしまった。

俺は目が大きくてちょっと目じりが吊り気味の女の子が好き。すごく好き。ちょー好き。まじ、どんだけ。


あー、そういえば上戸彩も好きだ。


小悪魔が好きだ。わがままな子が好きだ。そんな女の子に「しょうがねえやつだな、ホントに」とか言って頭をぐしゃってしたい。



「あ、それ私じゃん!」とピンときた方は、いますぐマイミク申請だよ!
こんばんわ、蒼也です。


まあそんなわけで交番に紛失届けを出した俺らなんですが、でもまあとりあえずカラオケ行くかーみたいなノリで、カラオケへと歩を進めました。

ドSが風邪で結構辛そうにしてたんで、さりげなくわざとらしく水を買ってやったりしたのですが、なんかもう、クソ生意気なんで苛めたくなった。生意気な女は好きなので、つい苛めたくなる性癖を発揮して嫌われることが多いんですが、そんなのどうでもいいから苛めたい。


そんな俺、カラオケでドSの隣をキープ。


でもカラオケに行くと俺はとても紳士なので、他の人の唄は真剣に聞く。じっと画面を見つめて聞く。うわー、隣、意味ねえwww


とりあえず、m-floのMELODYの曲を知ってるかと聞くと「知らない」と返ってきて、じゃあコレはと逆にドSが聞いてくるので「知らねー」と返す。


「やっぱ俺ら合わねーな」


ドSはムっとしとった。俺はなんか気分がいいぜ。


って、なにやってんだ俺はwww


いかんいかん、この苛めたくなる性癖なんとかせんと。
そうこうしてるうちに、帰ることになって、ドSは気持ち悪いからタクシーで帰っていきました。

去り際にドSの番号だけ堂々と聞いて、他の奴らの番号は聞かなかったのですが、まあどうでもいいや。

一回、メールして、どうでもよくなったので連絡とらんかったら、いつのまにかメアドを変えたことを一輝伝いに聞きました。俺はドS勝負にも敗れたのね、うわー、なんかアレだ、うん、どうでもいいですね。


というわけで、一輝くんも財布をなくしたことだし、なんかどうでもいい感じでグダグダで終了してしまったぜ。


なんか今週末もコンパあるらしいから、今度こそはっちゃける。その場限りのエロティックタイフーンを巻き起こしてやるぜ。
※注:相手によります




ぐだぐだ。
こんばんわ、蒼也だぜ。


合流後、さっそく居酒屋へと足を運ぶ6人。

歌舞伎町方面へと歩を進める俺たちなのですが、すでに前列に男3人、後列に女3人と完全に分断モード。

そうなのです、なにを隠そう一輝くんとちゃら男くんは意外とシャイなのです。特に大人数だと。いや、大人数ってほどの人数じゃないけど。

とりあえず、ちょくちょく後ろの女の子に話し掛ける俺。ここは俺に任せてとけと、多少は順応性のある蒼也でした。


店に着いて適当に注文し、さっそくトークが始まる。あ、その前に。ちょっと便宜上、女のこの方にも名前をつけておこう。


「まあかわいいCanCam系お姉」→ドS
「別にかわいくもなんともない地味な女」→地味
「なんか前歯が出てるボーイッシュ系」→前歯


で、まあドSがメインで喋るような展開。なんかこいつドSという名前のとおりドSなんですよ。毒舌ってやつですか。なぜか一輝くんはドMと呼ばれ、俺なんてロリコンですよ。ちゃら男くんはちゃら男だったけど。

あんねー、なぜか一輝くんは女の子と一緒に飲むたびに俺のことを加護ちゃんだか辻ちゃんだかが好きとか紹介する癖があるんですが、俺、全然好きじゃないですよ、好きなのはつばさちゃんですから。あ、でも最近、井上真央かわいいじゃんと思った。これはロリコンか? いや、20歳だから違うだろ。


まあそれは置いといて、宴もたけなわ、カラオケ行こうってことで店を出たんですが、店を出てしばらく歩いたところで異変が。


「財布忘れたっぽいです」


どうやら一輝くんが居酒屋に財布を忘れたようだ。ドSが風邪気味ということでドラックストアに先に行ってるわ、と戻らせたんだけども、しばらくして「ないです」と電話が。


ちょっと一緒に捜してくるからコンビニにでもいてよ、女の子を残して捜しに行く。



ない。



まじでないですよ、これ。どういうことだよ。

会計する時には確かにあった。俺も見てるし。ってことは、確実に店内にあるはずなのに、ないと。俺の席には次の客が入っていたのですが、そこを捜してもらってもない。


犯人は、店員か客かドSのどれかしかない。


まあ確率が一番高いのは店員ですが。


とりあえず速攻、交番行って紛失届けを。ひたすら凹んでる一輝。

いったいどうなってしまうんだ、このコンパは。


次回に続く。
こんばんわ、蒼也です。


一輝がスタビでコンパの予定を抑えてきおった。
3対3。

メンツは一輝と俺は決まりとして、あと一人は誰にしようかと打ち合わせとると、俺の脳裏にはあるひとりのちゃら男の顔が浮びました。


そう、ちゃら男です。


って、そのまんまじゃん。そのまま言ってみただけじゃん。

しかし相手の容姿が不明のまま行くのは若干危険を伴う。女性の8割はヤれると豪語する発情期の犬のようなやつなら話は別だが、俺は物凄く潔癖症なのです。ブサイクには非道極まりない。

とかなんとか考えていると、「写メもらいましたよ」と言うではないですか。


写メだー★


早速、拝見させていただく。あ、かわいいじゃん。


ということで、ひとりかわいい確定。


ちょっと期待を胸に俺らは新宿へと旅立った。待ち合わせは午後5時、アルタ前。

4時半くらいに俺らふたりは到着し、ちゃら男さんにもう着いたから来て来てー、とお伝えする。女の子はというと、どうやらもう新宿にいるらしい。まあまだ待たせておけばいいさと、ホットペッパーで個室で安い居酒屋を探し始める俺ら。

値段的にもなかなかよさげな個室居酒屋を見つけて、じゃあそろそろ行きますかと待ち合わせ場所に向かいました。ちょうどちゃら男さんも合流し、ご対面。


ひとりは確かにまあかわいい。その他は興味なし。


さあ、蒼也、一輝、ちゃら男というある意味オールスターな面子が揃いぶみしてしまった新宿の街。果たしてどうなってしまうのだろうか。


本編へつづく。
こんばんわ、エレガント系ギャル男の蒼也です。


とりあえず、寿司に連れて行ってもらう約束をキャバ嬢と取り付けた俺だったが、果たしてこれは実現するのだろうか。ひたすら金がないということは刷り込んであるので、同伴狙いということもないだろう。

そんなわけで2週間、ちょくちょくメールとかしたり。んー、なんか実現しそうな雰囲気だ。でも待てよ、もし俺がキャバ嬢の立場だったら絶対ドタキャンするな。そんで店に自発的に来させるwwちょ、俺、鬼ww


とりあえず何時頃から会えるのかと聞いてみると、「学校おわるのが7時半だから8時かな」と。ん、その日、出勤だよな。「8時半にはお店行かなきゃ」


ちょ!30分だけかよwwwwwwwwwwwwww


だが、この30分で仕事終わりに会う約束を取り付けてやる。そのまえに実現するのか、少しでも遅れたらドタじゃないですかww

ちょーウケるー。

そんなわけで当日。



着いたら連絡ちょーだい、とメールして待っていると、「着いたよー」と。待ち合わせ場所へ向かうと、うん、多分あいつだw


「久しぶりー」


久しぶりでもねえだろw


まあ、とりあえず実現はした。

その後、寿司屋に行って、俺は寿司を5貫食った。彼女は1貫しか食わなかった。

んでさー、仕事終わったら飯とか食わね?


「仕事終わりはちょっとー」


はい、終了。


どうやら彼女に会うには土曜日のこの時間しかないようだ。


あほか!!wwwwwwwwwwww

こいつはもう無理ですね。これを糧に次のキャバ嬢と新たな戦いに望む決意を固めました。

土日まとめ

こんばんわ、蒼也です。


キャバ嬢の続き書こうと思ったけど、もう眠いんでまた明日。

簡単に土日のまとめでも書いとくぜ。


土曜→軽くスト

日曜→コンパ


ちょーーーーーーー、久しぶりにコンパ。

俺はコンパでかわいい子に会ったことないんで、時間の無駄と思ってきたんだけど、今回は相方と出席だし、写メはまあ良さげだしということで行ってきた。

もうやりかたがわからん。とりあえずアレか、王様ゲームか?

それとも野球拳か?

それどんなヤリコンだよw


はい、とりあえず記事はまた後日。

ぐなーい。

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。