カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデア

こんばんわ、蒼也です。

アイデアってのは発想の転換。なにも難しく考えることはない。全く新しいゼロからのアイデアである必要はなくて、既存のアイデアにほんの少しだけ新しい工夫を加えただけで、それは十分新しいアイデアとなるのです。

たとえばマンスリーマンション。既存の賃貸マンションの賃貸期間を短く設定しただけで、まったく新しい顧客の開拓に成功したという、ほんの少しの工夫によって生まれたアイデア。ま、これは本の受け売りですが。


そーーーんなわけで。


いま新しい事業企画を考えているんだけど、みなさん、なんかアイデアあったらくれw

ちょっと身の回りでこんなサービスがあったら、こんなものがあったらいいのに、そんなレベルで全然OK。市場のニーズが一番大事ですから。

いいアイデアがあればさっそく採用させてもらい、事業化するぜ!
若い視点からのアイデア、もう気軽にコメくれ!
スポンサーサイト
こんばんわ、蒼也です。

俺が相方とともに会社を興そうと決意したのは、いまからおよそ2年ほど前。「なんか俺ら2人だったら成功しそうじゃね」みたいなノリでしたね、確か。

当時勤めていたのはかなり規模のでかい会社で、ま、R社関連のとこだったんだけど、、とにかくそれだけ規模がでかいと会社というものが見えない。ホントに部分的なところしか見えないから、会社をやるっていうことのイメージがまるでできなかったのです。

だから俺はもっとベンチャーちっくな会社に転職して、ビジネスってやつを肌で感じてみようと思った。そして転職したのが前職のインターネット広告代理店。規模的にはもうベンチャーとは言えないくらいだけど、それでもビジネスを感じるには十分でした。


一方、相方はというと、当時は外車の中古販売店に就職してたんだけど、上司とそりが合わなくて悩んでいました。だったらこっちの業界来てみろよと、小さめの広告代理店に転職したのです。

広告代理店ってのは、いろんな業種のお客さんを相手にするんで、ビジネスを勉強するにはかなりうってつけの業種なのです。さらにはいろんな媒体社や制作会社とも付き合いができるんで、その繋がりや対クライアント、対媒体社、対外注先といった経験は、独立してからもめっちゃ役に立つ。

そういった意味で、すごくいい経験が積めたと思うのだぜ。


そして、お互い転職してから1年~1年半ほどたった、今年の夏。

それはとある一本の連絡から始まった。



つづく。

うんこ川柳

こんばんわ、蒼也です。

昨日、なんとなしに動ナビを見ていたら「うんこ川柳」なるものの存在を知ったぜ。

日本語の美しさを子供たちに伝えるために考案された川柳らしいです。四・四・五からなる川柳で、最初の言葉は「うんこを」か「うんこが」のどちらかから始めなければならんようです。うんこブームが再来の予感がひしひしとしてくるよね。美しき日本のうんこ。


こんばんわ、蒼也です。筋肉少女帯聴いてます。

こないだ会社設立記念パーティを開いたんですよ、副社長とふたりで。で、設立記念だからやっぱいつもよりも背伸びしたいムードじゃないですか。なんせ社長なんだから、ちょっと豪勢にやりたいじゃないですか。




ってことで、はじめて歌舞伎町の有名キャバクラ店に行ってきたぜ。


まあ、確かにキャバクラといえば歌舞伎調が一番盛り上がってるしきっとレベルも高いだろうとは思ってましたよ。でも、ゆうても渋谷のキャバクラのワンランク上って感じくらいで、かわいい女の子が数人いればいいんじゃねえの、みたいなノリで行きましたよ。



そんな軽くタカをくくった感じで行ってきたんですが、マジやべえ。



ほぼ全員かわいすぎなんですけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



だめ、無理、ハマる。これが歌舞伎町の格なのか。渋谷とはワンランクどころか次元が違う。街歩いててもなかなかお目にかかれないようなめっちゃかわいい女の子がわんさかいやがる。ここなんてパラダイスだよ。


詳しくはキャバクラ無双のほうにそのうち書くとして、とにかくお前ら、歌舞伎町はやばいぞ。
こんばんわ、蒼也です。

ひそかに「キャバクラ無双」というブログを用意していて、折を見て公開しようと企んでいたんですが、軽くデザインをカスタマイズ完了したので宣伝します。

と思ったら、IE6で見たら崩れまくっとるやん。ちょっと急いで直しました。なぜかHタグにwidthの値が入っとった。なぜだ。Firefoxでも確認したからもう大丈夫のはず。


というわけで、キャバクラでの闘いはこちらのブログに移行してみたぜ。


キャバクラ無双
http://cabanikki.blog120.fc2.com/


なにげにキャバクラ編はストーリーがたまってたりするんで、ちょっとずつ放出していくぜ。
こんばんわ、最近手を抜いてYouTube貼り付けてる蒼也です。

YouTubeネタのときはなぜかコメントが少ないです。やっぱ楽はいかんということか。

ってか、ちょっとまじで忙しげなんです、税務署行ったり。こないだは株主総会を開きました。ふたりで。5分でおわった。

渋谷での活動は最近ぜんぜんしていないので、そのかわりに社長の軌跡でも公開してやるぜ。そして軌跡から奇跡へ。うまい。
こんにちわ、ギャル男社長の蒼也です。

日々の仕事やアルバイト、あるいは学校や習い事などで疲れている貴方に贈る。
ってか、ニコニコ動画ですげー流行ってたらしいんだけど、ついこないだ初めてしったぜ、この動画。

みんなコレ観てがんれ。

50円玉

こんばんわ、蒼也です。代表取締役社長兼CEOです。

相変わらずバタバタとした日常を送っています。土日とか何それ、みたいな。

そんななか前の会社の方々とフットサルに行ってきました。俺は朝方の歌舞伎町にいそうだとかJ2にいそうだとか言われるくらい、ユニフォームを着るとJ2の選手になるんですが、この日もすっかりJ2でした。

でもアレです、ブキリのおもちゃのようにすぐ動かなくなります。ってか、ブリキのおもちゃってそもそも動くものだっけか。

例によって試合開始5分でハァハァしちゃうJ2。ちんこでドライブシュートを受け止めて悶絶するJ2。様々なドラマが生まれたんですが、終了後のロッカールームで事件は起きました。


あー、喉が渇いたぜと自販機に向かい、ポカリを購入しようと財布を見ると、あ、小銭がないじゃないですか。しょうがねえな、千円札を使ってやるぜと千円投入、ボタンをプッシュ。


チャリンチャリンチャリンチャリンチャリン・・・・。


なんか予想してたよりも小銭が落ちる音が多いぞとお釣りを取り出してみると、お釣りがすべて50円玉と10円玉で構成されとった。

俺は一番好きな小銭はと聞かれると500円玉~と答えるお金大好き野郎なんですが、一番嫌いな小銭はと聞かれると断じて50円玉と答えるくらい50円玉が嫌いなのです。

だってアレじゃん、財布の中で100円玉と区別がつかない。100円玉だと思って取り出してみたら穴が空いてた時なんて、もう烈火の如く怒り狂う。その辺の自転車を担ぎあげて無駄にペダルを回して、その回転に連動して回るタイヤを通行人に擦りつけて「チャリンコ摩擦アターーーック」とかやっちゃうくらい怒り狂う。

5円玉なら色でわかるじゃないですか、でも50円玉は100円玉と同じ色をしてやがる。手に取ってみて「はい残念でした、僕は50円玉でぇ~す」みたいなノリで中央の穴から嘲笑う声が聞こえてくるんですよ。

そんな50円玉が大量に俺の財布に。むかついたから家に帰って穴につまようじをぶちこんでやったぜ。凌辱だぜ、凌辱。うへへ、ざまあみろ。

起業2日目

こんばんわ、ギャル男社長の蒼也です。

営業開始してからバタバタしすぎてて死ぬ。いろんな手続きが多くて死ぬ。バイク乗ってたら雨降ってきて死ぬ。

ってか、後ろに副社長乗せて喋りながら走ってたら前のタクシーが右折のためにスピード落としてて、「やべえっ」と思って急ブレーキ。そしたら前輪が滑った。

いや、後輪が滑るのはわかるけど、まさか前輪が滑るとは予想外だぜ。このままこけるかと思いきや、とっさに大地を蹴り飛ばして体勢を立て直したぜ。危うく初日から死ぬとこだった。まじで。

その日は営業開始早々、取引先に直行して、税務署で申告書類をもらってきた帰りだったんで、もし死んでたら一度も出社することなく社長&副社長ご臨終という事態に陥るところだったんですよ。切なすぎる。

そんな俺の好みのタイプの芸能人は、山本梓です。

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。