カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

弊社、社員全員風邪。こんばんわ、蒼也です。

食材を買って戻ってきた俺ですが、ここで気が付きました。ほうれん草とか茄子って、炒飯には使わねーよな。まあいいや、明日野菜炒めにしてしまおう。作り方わからんけど。

時刻は夕刻。だいぶ寒さが身にこたえる季節になってきたこの頃、日が落ちるのも早いです。


まずはお米を炊こう。しかしどうやって炊けばいいんでしょうか。よし、とりあえず炊飯器に米を入れなきゃ始まんないよな。しかし、どれくらい入れればいいんだ。

なんか1合とか2合とかそんな呼び方してたはず。それは知ってる。ま、食うのは俺だけだから、手始めに2合くらいにしておこう。だが、2合ってなんだ。どんな単位だ。何グラムだよ。何立方センチメートルだよ。


ん、よく見ると炊飯器の裏側になんか線が入ってるじゃないか。そこに1とか2とか数字が入ってるから、この線まで米を入れればいいに違いない。間違いない。粉砕、玉砕、大喝采。

そして俺が勝ったのは無洗米じゃないから、米を研ぐ必要があるな。米を炊いたことはないが、研いだことはある俺にとって、こんなことをお茶の子さいさいだぜ。


3~4回ほど研いでは水を捨てを繰り返し、いよいよ炊く段階がやってきた。


さて。

水はどれくらい入れればいいんだ。でも、アレだ、俺は水を入れすぎたお粥みたいなご飯よりも、どちらかというとちょい固めのご飯の方が好きだから、入れすぎには注意しよう。

そして俺は、米のよい上になるくらいまで水を入れて、炊飯器のスイッチをオン。

いやー、炊飯器とかいってまじ便利だね、ボタンひとつでご飯が炊けるぜ、失敗の心配がねえ!


あとはゆうゆうと「ひぐらしのなく頃に」の続きをやろう。もう今やってる章が最後ってとこまで来てるから、今日中に終わらせるぜ。終わらせたら飯を作るぜ。



・・・。




・・・・・・・。





・・・・・・・・・・・・。





ゲーム終わったの朝の7時でした!


もう眠すぎだから、寝る!


次の日に続く。
スポンサーサイト
オナニーはどっちかというとティッシュよりもトイレットペーパー派だぜ。こんばんわ、蒼也です。


自炊をね、してみようと思ったんですよ。

ほら、だいたい俺は外食か、家から徒歩10のオリジン弁当か、或いは徒歩15秒のドトールで飯を食うことがほとんどなんですよ。でも、僕もいい大人ですからね。料理のひとつでもロクに作れないとお婿に行けない可能性があるじゃん。

そりゃいかんと思い立ったんですよ、いや、きっかけはお財布の中身が寒すぎたからなんですが。

でも鍋くらいしかいままで自炊したことなかったから、まずはいろいろ機材を揃えなきゃいけない。あいにく炊飯器とかフライパンとか包丁、まな板はあったから、食材と調味料があればなんとかなるぜ。


さっそく俺はスーパーへと足を運ぶことにしました。


スーパーに着くと、なんか入口のとこの段ボールに野菜が無造作に置かれている。どうやらこの野菜どもが本日安く売りたたかれた食材たちに違いない。でも、ここで調子に乗って野菜を買いまくっても、しょせん食うのが俺一人分で、余ってしまう可能性があるな、ふふふ、その手には乗らんぞ、買い過ぎないように買ってやるぜ。

とりあえず外に出ている安い食材たちはあんまいい食材がなかったので、じゃがいもだけとることにしました。じゃがいも好き。


スーパーの中に入って、まずは野菜コーナー。なんだろう、どの野菜を買えばいいんだ、いままでこの野菜が食いたいぜーって飯の前に思った経験がないから、なにをセレクトすればいいのか全くわからない。とりあえず、なんかつやつやしとるから、ナスをカゴに入れる俺。そしてそのままの勢いで長ネギに手をかけるが、長ネギってなんかあんま美味くねーよな、ネギの味がする、ネギは薬味にするとうまいが、ソバなんて打つのめんどくさいからネギはやめとこう。

さすが俺。油断してたら危うくネギを買ってしまっていたぜ。だいたいあんな長いの冷蔵庫に入るのか?


さて、もう一品くらいは野菜を買った方がいいよ、なんか健康とか考えたら野菜は必要だよ、うん、とか思いながらレタスを手にとる。ああ、レタスは美味いよね、レタスチャーハンとか上手いし、なんかサラダとかにもできるし、万能だよ、万能だよレタス。


よし、野菜は手に入った。次は肉だ。さかなは骨がめんどくさいから、ここはやっぱり肉。でも牛肉とか高そうだから豚肉にしよう。別に国産じゃなくてもいいから、安いやつをさがすぞー。

そんな感じで何処産かよく知らんけど、とりあえず安めの豚をゲット。なんか広告の品って書いてあるぞ、広告の品ってことはなんか安いに違いない。もうこの豚しかねえぜ。


さあ、野菜と肉が手に入った。なんかこれだけで料理ができてしまう気がするぜ。だって野菜と肉だぜ、これ以上なにが必要だっていうんだ。

ちょっと満足な気分になってきたけど、いかんいかん、大事なことを忘れてた。お米がないじゃないか。米を買わねば。そう思って米コーナーへと向かいました。

米コーナーでは5キロと書かれた米と2キロくらいと書かれた米が所狭しと並んでいる。ま、俺はひとりだから2キロくらいでいいか。ん、なんか無洗米とかいろいろ種類があるぞ。別に米を研ぐくらい苦ではないので、安い方を購入してやります。

おお、これで食材揃ったやん。お米と肉と野菜があれば、どんな料理でも作れてしまいそう。


ああああああ!!待て!!


危ないところだった。大切なことを忘れてしまうところだった。幼い頃に置いてきた大切な何かを。

そうだ、調味料だ。調味料がないと味のない料理になってしまう。味のない料理なんて、ノーメイクのキャバ嬢と同じだ!味付けしてこい、味付けして出直してこい。

というわけで、塩とコショウとコンソメと醤油をゲット。しかも運の良いことに、コンソメのすぐ下に油が置いてありました、「あ!油がないとこげちゃうじゃん!」と間一髪で気づいた俺は、奇跡的にも油も手に入れることができました。

奇跡ってあるんだな、やっぱ奇跡は自分で起こすものじゃなくて、偶然起きるものだったんだ。


あ、そういえば結局俺って何を作るつもりなんだ。

それを決めてから食材を選んだほうがいいんじゃないだろうか。

家に帰って、よっしゃ、ラーメンつくるぞー、って思っても野菜と肉とお米じゃ厳しい。ラーメン作ろうとしても、なんか塩味のお茶づけになっちゃう。


んー、よし、早くて簡単、チャーハンで行こう。


そんなわけで、卵も付け加えて、レジへゴー。お会計は3000円だ。ま、調味料とかお米とかあったからこんなもんか。

よっし、いよいよクッキングだぜ。後篇に続く。
なんか毎日ドナルド見てる、まさに鬼畜。こんばんわ、蒼也です。

漫画とか読みますか?
俺は最近のやつだとバキが好きです。毎週チャンピオンを立ち読みしとる。チャンピオンではバキとダイモンズは必ず読んどる。

それはそうと、昔ものすごく好きな漫画があったんです。いまでも俺の中のベスト1かもしれん。それはかれこれ高校くらいの頃。たまたまアニメで観たのがきっかけでした。


こどものおもちゃ。通称、こどちゃ。


アレはいい漫画であり、いいアニメだったぜ。漫画で泣いたかんね、俺。素でwww

紗南ちゃんとか羽山とか懐かしい。と、たまたまニコニコ動画で見て感動してました。ちなみに全巻持ってます。少女マンガなのに。バレたら「キモい~」とか言われちゃうぜ。でもそれはそれで興奮する。
たまの深夜にハンゲの麻雀3。こんばんわ、蒼也です。

麻雀はかれこれ中学の時から始めて、中学のうちに止めた。

なぜかって。
ふっ。それは簡単な理由だよ。

弱かったからさ。


で、また最近ハンゲでやり始めているってわけです。
こないだ破産して、持ち金がリセットされました。やっぱり弱いままのようです。

いや、でもだんだんコツがわかってきたぞ、そうだよ麻雀にはコツがあるのだよ。

まず基本はメンタンピンを狙います。リーチ・タンヤオ・ピンフの略ですね。ま、確率的にはこれが一番高い。で、他の手のほうが近そうだったら、その局はそっちを狙う、みたいな。でもこれじゃ勝てません。

麻雀では頑張って上がりを目指すのも大事ですが、もっと大事なのは振り込まないこと。なんせ相手は3人です。毎回上がろうと勝負したとして、4局中1回上がり3回振り込んだらもうビリ決定みたいなもんです。

だから麻雀ではまず振り込まないことが最も重要!とこないだ思った。だって、いつも俺ばっか振り込んでたから。だって毎回勝ちたいじゃん。


あとは麻雀3だとデフォルールで赤5が入っているんで、無理にリーチに持っていくと上がれないですね。いかにドラを絡ませて食いタンで上がるか、ってのも重要な気がするぜ。


よーし、頑張って強くなってくるぜ!

らんらんるー

日曜の朝はドトールでいつもミラノサンドを食べます。こんばんわ、蒼也です。朝っていっても午後だけどね。


疲れた頭にはやっぱりコレだろ。

さあ、みんな癒される(洗脳される)んだ。






限界破裂

一日中パソコンの前にいて、幻覚が見えました。こんばんわ、蒼也です。

いやあ、今日は一発気合い入れて更新しようかと朝から意気揚々としていたんですが、もうだめだ。だめ。

生まれて初めてアレですよ、mySQLでデータベース作成して、PHPで引っ張ってくるみたいなプログラム。そもそもPHP自体、最近初めて組んでみたもんで、そんなことを一日中やっていたら気が狂った。

とりあえず、会社で踊るよね。しかも機動戦艦ナデシコのOPを音量全開にして、KAT-TUNのようにちょっとワルが入ったムードで踊る。

知ってたか、KAT-TUNって、川田、秋山、田上、天山、ウルティモドラゴン、永田の6人組なんだぜ。ウがつくレスラーが少なすぎて焦った。

今年の抱負

ひぐらしのなく頃にが長くてなかなか終わりません。こんばんわ、蒼也です。

よし、いまごろーみたいでアレだけど、今年の抱負を考えよう。ニコニコ動画でウサテイをリピート再生しながら考えよう。1分47秒しかないから、さっきからやたらと繰り返される。ウサウサゆうとるぞ、俺のスピーカー。

会社を設立したばっかだから、やっぱ今年の抱負はそういう感じになるんですかね。最近は精神が大人になってきたせいか、好きな女の子の年齢層も上がってきました。徳沢直子さんとかかわいいですね、絶対に出会うことすら叶いませんが。たとえ出会ったとしても、俺のことなどアウトオブ眼中。それかきっと蔑んだ目で俺を見るんだ。でもそんな目で見られてみたい。


話が逸れたぜ。メルトでも聴こう。


よし、今年の目標は友人のYさんとニコニコ動画になんかオリジナル動画をアップすることだ。マイク買わないと。

いや、でも待てよ。俺が肉声を電波に乗せて発信でもしてみろ。世界中に広がる俺の肉声。その隠微なイントネーションに中毒者続出。ああ、この声の持ち主はいったいどんな殿方なのだろう。運営会社のニワンゴには問い合わせが殺到。小さな糸を手繰るように、テレビ局が俺の所在を探し、いずれは俺に辿り着くだろう。

連日の取材。井上雄彦が俺を題材にした「ギャル男日記」という漫画を描き、それを元に映画化。主演、ジョニー・デップ。俺の役を任せられるのはやつしかいない。やばい。なんか書いてて疲れてきた。もうオナニーして寝るっ。おやすみっっ。
こんばんわ、蒼也です。キャバクラ大好き。

<前回までのあらすじ>
設立のメドも立ち、開業資金の調達もできた俺たち。次は実際の設立に向けての手続きが待ってるぜ。しかし10月で終わる予定の案件が、想定をはるかに超えて納品日が伸びていく。果たしてこのままでスムーズに会社設立がなるのだろうか。
</前回までのあらすじ>


とりあえず日々の業務に追われながらも、設立のための準備はしなきゃいけません。会社を辞める11月までにちゃんと法人化していたい。まずは設立の仕方を知る必要があるので、俺はamazonに走りました。走りましたって、別にPCの前までだけど。

簡単そうな本を購入して設立までの手順を勉強します。ほお、設立手続きで25万くらいかかるのか。そして設立の申請を行ってから1週間後に登記簿謄本という会社の証明書みたいな書類が発行される。これがないと銀行で口座開設とかできんので、10月の中旬くらいまでに申請する必要があるという計算に。


よし、それを逆算して考えようじゃないか。


設立までにしなきゃいかんことを大まかにおさらいしましょう。


(1)会社の定款をつくる
定款ってのは会社の法律みたいなもんで、第一条なんとかかんとか、みたいなやつ。基本的な項目は決まってるから、それを自分の会社用にアレンジ。この作業がいちばん大変なのです。


(2)定款を法務局でチェックしてもうら
内容的におかしくないかチェックしてもらいます。本番のチェックの前段階のチェック。


(3)定款を公証役場でチェックしてもらう
さらに詳しいチェックがここで入ります。結構、修正が入ったぜ。


(4)定款を公証役場で認証してもらう
修正したのをまたチェックしてもらって、問題なくなったところで認証といって、公的に効力を持たせてもらいます。要は、わしのお墨付きじゃい、みたいな行為ですかね。


(5)会社設立のための書類を作成
申請書みたいなのから、承認証みたいな書類まで、なんか8枚くらい作成しました。この時点までに会社の代表印を作っておかんといかんから、インターネットとかで発注しておくとよいです。


(6)資本金の準備
自分の口座に資本金を入れるのです。そんだけです。


(7)法務局にいって設立申請
公証された定款と作成した書類なんかを持って、法務局で申請。その場で書類のチェックを受けて、あとは1週間待つだけだぜ!


そんな感じでなんとか申請までこぎつけた。そして無事に会社が設立されたのです。いや、全然実感なかったですよ、当時。だって、別に何も変わってないですからね、俺、社長かよwwwwwwみたいな。


そして10月末日に無事会社を退職。いよいよ自分の会社としての営業活動が開始されようとしていた。

つづく。
こんばんわ、蒼也です。

正月は忙しかった。風呂入る時間も飯食う時間も惜しいくらい。三が日のすべてをそれに費やしたといっても過言ではない。

そう、前から読もう読もうと思っていた漫画に、ひぐらしのなく頃にという漫画があるんですが、友人にその話をしたらゲームでやったほうがいいよと言われたのです。そんなわけで大晦日にPS2版を購入。年が2008年に替わると同時にやり始めました。


とりあえず長げぇ!!


いやね、もうプレイ時間見たら40時間超えてるんですよ。なのにようやく半分を超えたくらい。なんかシナリオが10章くらいあって、それ全部やらないとすべての真相はわからないのですよ。もうやり始めると謎だらけで、謎の解答を知りたい一心でやり続けてしまいました。やばいよ、コレ。すげー面白くて怖いぜ。

恐らく80時間くらいかかるかもしれんけど、興味があったらぜひゲームでやってみることをオススメします。残酷系に耐性がある方オンリーですけど。


結局、仕事始まるまでに全部できなかったなー。毎週、日曜日にちまちまやっていくかな。

新年

あけましておめでとうございます。蒼也です。

早いもので、いつのまにかギャル男日記も3周年目に突入していますね。ここまで続くとは思ってなかった。いや、最近は更新頻度落ちとるけど、落ち着いたらまたガンガン更新していきたいぜ。

そんな俺もいまじゃすっかり肌も黒くなくなり、なんつうか、セレブ。

そもそもアレですよ、ギャル男日記始めたときもギャル男じゃなかったけどね。そんときはお兄系気どりだったんですが。

ブログを始めるにあたってなんてタイトルにしようかなーってときに、憧れの「オレ日記」さんを真似て○○日記ってタイトルにしたかったのです。でも「お兄系日記」じゃなんか語呂悪ぃーじゃん。だから「ギャル男日記」にした。ギャル男じゃねーのに。

文書の書き方もオレ日記さんのゆーきさんの影響をかなり受けたなー。

基本的に俺は書いた文章を見直さないし、なにも考えずにだーっと書いちゃう。あんま時間かけずに書いちゃうのね、だから所々表現が不完全だったり、話の流れがはちゃめちゃだったりするんだけど、ま、ご愛敬ってことで。ほら、いつも考えてたら疲れちゃうじゃん。じゃんじゃん。


そんなスタイルで今年もやっていくんで、よかったらお付き合いくださいな。ほんじゃ、今年もよろしくなー。

 | ギャル男日記TOP |