カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弊社、社員全員風邪。こんばんわ、蒼也です。

食材を買って戻ってきた俺ですが、ここで気が付きました。ほうれん草とか茄子って、炒飯には使わねーよな。まあいいや、明日野菜炒めにしてしまおう。作り方わからんけど。

時刻は夕刻。だいぶ寒さが身にこたえる季節になってきたこの頃、日が落ちるのも早いです。


まずはお米を炊こう。しかしどうやって炊けばいいんでしょうか。よし、とりあえず炊飯器に米を入れなきゃ始まんないよな。しかし、どれくらい入れればいいんだ。

なんか1合とか2合とかそんな呼び方してたはず。それは知ってる。ま、食うのは俺だけだから、手始めに2合くらいにしておこう。だが、2合ってなんだ。どんな単位だ。何グラムだよ。何立方センチメートルだよ。


ん、よく見ると炊飯器の裏側になんか線が入ってるじゃないか。そこに1とか2とか数字が入ってるから、この線まで米を入れればいいに違いない。間違いない。粉砕、玉砕、大喝采。

そして俺が勝ったのは無洗米じゃないから、米を研ぐ必要があるな。米を炊いたことはないが、研いだことはある俺にとって、こんなことをお茶の子さいさいだぜ。


3~4回ほど研いでは水を捨てを繰り返し、いよいよ炊く段階がやってきた。


さて。

水はどれくらい入れればいいんだ。でも、アレだ、俺は水を入れすぎたお粥みたいなご飯よりも、どちらかというとちょい固めのご飯の方が好きだから、入れすぎには注意しよう。

そして俺は、米のよい上になるくらいまで水を入れて、炊飯器のスイッチをオン。

いやー、炊飯器とかいってまじ便利だね、ボタンひとつでご飯が炊けるぜ、失敗の心配がねえ!


あとはゆうゆうと「ひぐらしのなく頃に」の続きをやろう。もう今やってる章が最後ってとこまで来てるから、今日中に終わらせるぜ。終わらせたら飯を作るぜ。



・・・。




・・・・・・・。





・・・・・・・・・・・・。





ゲーム終わったの朝の7時でした!


もう眠すぎだから、寝る!


次の日に続く。
スポンサーサイト

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。