カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌舞伎町を徘徊するだけ。こんばんわ、蒼也です。

こうみえても俺は自分の仕事に絶対の自信を持って生きてきたんですよ。なんでもできちゃうし、大きな失敗もしないし、だから挫折もない。

けど、実際、自分で会社始めてみると、自分の至らなさが身に染みる。目にも染みる。ち、違うもんっ、これは目から汗が噴き出てるだけだもんっ!


人ってやつは失敗して成長していくもんですね。というか、経験することが一番重要なこと。


正直、会社はずっと赤字続きで、なかなか思うように事業も立ち上がらないし、毎日が失敗の連続みたいなもんだけど、それでも、一歩一歩、自分が大きくなっているのを肌で感じるのです。

失敗してもいいから、何かをやる、挑戦するっていうのは、ホントに人を大きくしてくれると思うよ。



よーし、今日も挑戦するぞ、なかなか総合成績が勝ち越せないハンゲームの麻雀3に!
スポンサーサイト
偉い人の反対は偉そうな人。こんばんわ、蒼也だってヴァ。

いやー、ようやくぎっくり腰が治ってきた。軽く小走りとかできちゃうもんね。若干前傾姿勢で小走りすんの。駅まで小走り。なんかみんなが俺を見てる気がする。うっとりした顔で。


あ、そだ、コンパの話をしよう。


まあ、とりあえず期待せずに行ってみたワケですよ、コンパ。いったいどんな女たちが来るのかもよくわからんけど、とりあえずあまりかわいくないっぽいという雰囲気ではあったんです。でももしかしたら、かわいい女の子がいるかもしれないので、そんな微かな希望を抱いて行くのだ、俺。


男4人、駅前で集合して、そのまま会場へと到着すると、間もなく女の子が2人ほどやってきました。まずまずの女の子と地味な女だ。地味っていうか、幸が薄そうです。でも俺も負けないほど薄幸だぜ、ちくしょう。

それにしても、結構いい年してそうですね、って感じの外見です。おそらく俺とタメくらいの年齢に違いない。なんといっても若い女の子が大好きな俺なので、俺レーダーはまったく反応いたしません。でもアレだ、まだ2人来てない女の子がいるじゃないか。もしかしたらアネキャンのモデルさんとか来ちゃうかもしれない。


そしてしばらくすると、女の子がひとりやってきた。





デ、デブだーーーーーーーーーーーーーーーーーヽ(´ー`)ノ





なんですかこいつは、やけにデブ特有の切符のいい喋り方をしやがる。しかもムカつくことに、微妙に面白いことを言いやがる。デブは黙って飯でもお食べになってくださいませ。


「○○ちゃんとはカナダで知り合ってー」


いっそ、カナダに帰れぇええええええええええええええええええええええええええ!!!!



なんかこのあと、最後の女の子も来たけど、もうどんなヤツだったか覚えてない。覚えてないほどインパクト・カナダ。よくよく見るとお前、カナダの牧場とかにいそうだな。牛の世話をするたくましい感じの農夫か、牛。


もうこれは不完全燃焼どころの騒ぎじゃねーぜ。口直しだ、口直しが必要だ。


こうして俺は参加者の男をひとり拉致って、ひっそりと歌舞伎町へと去っていきました。
初回料金でキャバクラ行ってやるもん、きゃーきゃー言われに行くんだもん、まあ、そのキャバクラで素敵な出会いがあったんですが、その話はまたいつか。

じゃね!ヽ(´ー`)ノ
こ、こんばんわ、蒼也です・・。

今朝は腰が痛すぎて立ち上がれませんでしたヽ(´ー`)ノ

それでも気合いで立ってみたけど、真っ直ぐ立てません、おじいちゃんのような腰の曲がりっぷりですヽ(´ー`)ノ

頑張って歩いてみたけど、全然歩けませんでしたヽ(´ー`)ノ

でも根性で会社には行ったお|ω・`)ノ

やばい

腰が痛すぎて眠れません\(^O^)/オワタ

死亡フラグ

こんばんゎーーーー、蒼也です。

すんません、風呂に入って普通に出たんですよ。うちってユニットバスなんですが、こうユニットバスのエリアからフローリングへと足を踏み出すじゃないですか。

踏み出した瞬間にぎっくり腰になった。

しばらくフローリングに這いつくばりました、一歩も動けやしねえ。
なんとか気合いでPCの前まで来れたけど、なんかとても悲しい気持ちになりました。


立つのがしんどい。

コンパ

携帯からです、こんばんわ、蒼也っす。

昨日は前職の同僚の誘いでコンパに行ってきました。いや、事前情報で恐らく俺の好みではないと予想できたんですが、人数足らんってことで意を決して出撃するとこにしたんですよ。

詳細は後日。

コメントの返事は今夜。


電車が来るまで暇だからもうちょい書いておこう。

サラリーマンは会社に守られてる。最近つくづく感じるのです、俺も守られたい、いや、むしろ愛しのあの子を守りたい。童貞はもう守れないから魔法を使う夢は断たれた。

ちんこー、ちんこー。
って書くとコンテンツマッチのブレイナーの広告(記事の下のテキスト広告)はどうなるんだろう。やっぱ、「諦めるのはまだ早い!バイアグラでギザ性生活www」とかになるんでしょうか。

ちんこっこ。
先日はバレンタインでした。って、ものすごく先日だけど。こんばんわ、蒼也です。

やっぱバレンタインの日はどきどきするよね。今年はいったい何個のチョコレートをもらえるんだろうって、わくわくしながら出社した。机の上や、ちょっと恥ずかしがり屋の子だったら机の引き出しなんかに忍ばせてくれてたりするかもしれん。

「おはよう」

なるべくいつもと変わらないように爽やかな挨拶を発しながら会社のドアをくぐります。そして机の方に目を向けると、チョコらしきものはひとつもありません。ってか、うちは副社長とふたりしか社員おらん。

そしてその日は女の子には誰にも会いませんでした。

もらいようがねえ。


まあそんなバレンタインの話なんて置いておいて、いまさら去年のクリスマスくらいの話をしよう。今日は長いよ、めずらしく長いよ。Numeriくらい長く書いてやる。さっきNumeri見て影響された。

クリスマスは25日でイヴが24日なわけだけど、キャバクラのクリスマスっていうのは12月の頭くらいにあるものなのです。たいていこういうイベントものはお客さんがあんま来ない時期を狙ってやるものなのです。そしてクリスマスイベントにはキャバ嬢にノルマが課せられたりする。だからキャバ嬢もお客さんを呼び込もうと必死です。

そんな折、ちょうど俺の指名嬢がね、クリスマスイベントやるから来て欲しいと言うわけですよ。

「蒼也くん、再来週クリスマスイベントやるねんけど、ノルマクリアせんと罰金取られるん」

ああ、そうやって俺の心をくすぐる関西弁で、俺のハートを盗まないで。俺のハートは無用心、鍵なんてかかっちぇいねえ。

「おー、いいぜー、行く行く」

でもまあ、断るわけにもいかんので、行くことにします。


クリスマスイベ当日。

友人と4人ほどでキャバクラに突入の予定なのですが、ここはクリスマスと銘打っているわけだし、プレゼントのひとつでももっていったろと浅ましい考えが脳裏によぎる。

無難にディズニーグッズでも買ってってやろうとディズニーストアへ行きます。そこでメッセージカードが俺の目に飛び込んできました。んん、手書きのメッセージなんてなかなかインパクトあるんじゃねえか、と。手書きっつっても、内容次第でめっちゃ重いアイテムになりかねないけど、軽い内容だったら効果はてきめんですよ、グッズと一緒にメッセージカードも購入します。

いやあ、これで「読んでもいい?」と聞かれてもあえてその場では読ませない作戦を使うぞ。そして家に帰ったあとひとりで読んで、なんかドキドキしてもらうという「ホームなのにアウェイだわ、私のうちにまで盗みにきたのね、この恋泥棒め★」作戦。


で、プレゼントは渡すと大層喜んでいました。まあディズニーは無難ですね、トナカイ仕様のプルートにしといたんですが、女の子は87%ディズニー好き。

続いて、メッセージカードが入っていることに彼女が気づきます。案の定「いま読んでもいい?」と聞いてきやがった。

「いや、恥ずかしいから帰ってから読んでな」

うんうん、作戦通り。そのまま別の話題になって、今日はこのまま楽しく過ごして帰るぞーみたいなテンション。しかしここでふたたび「やっぱいま読みたいー」とか抜かしやがるじゃないか。

ばっか、今読んだら意味ないんだよ、ひとりのときに読んでこそ絶大なる効果を発揮するんじゃないか。

しかし彼女も引きません。いいじゃんーとか言いやがる。そこまで言われたら俺も意地になってダメとか言えないじゃん。俺のほうが我侭言ってるみたいじゃん。しょうがないから読ませてあげました。スネーク、任務失敗だ。

まあ、作戦は失敗に終わったけど、楽しく時間を過ごすこともできました。店には長々と居てしまったため、とんでもないお会計の金額でしたが、ま、次に繋がるいいキャバクラであったと満足げに帰って行きました。




その数日後。




店のサイトを見ると、彼女は辞めていて、連絡もつきませーん。



グッバイ、マイクリスマス。

※ってか、Numeriの30分の1の長さで力尽きた
ユニットバスは風呂に入る時についでに掃除できるから好きです。こんばんわ、蒼也です。

これ、前からすごく好きなんで、貼っておくぜ。





ベジータは最高。
なんか最近、お料理ブログの様相を呈してきたぞ。こんばんわ、蒼也です。

前回の続きです。
無事に食材を調達してきた俺ですが、大変なことを忘れていました。そうです、ご飯を炊いていたなかった。慌ててお米を研いで炊飯器にセット。もうすっかり手慣れたものですよ。お米名人と呼んでも差し支えないね。


まあ、ご飯を炊いてる間にも料理はできる、てことで、早速調理を開始してみます。


手持ちの野菜は、レタス、ピーマン、ほうれん草、茄子。そしてお肉は豚肉。さて、どれから手をつけたものか。

とりあえず豚から行くことにします。なんか豚が一番俺に訴えかけてきた。俺に訴えかけてきたぶー。


そのままだとちょっと大きかったので、手ごろな大きさに切ってみよう。そして小さな器に移します。残りは冷蔵庫へブー。あ、ゴー。

器に移した豚に醤油とにんにくおろしと塩・胡椒をぶっかけて、よく揉みこみます。揉みしだきます。おっぱいをイメージして揉むと仕上がりが違ってくるので、そこポイント。


続いて、茄子を切ります。ヘタを取って、一口サイズにさばいていく。

ピーマンもヘタを取って、縦に真っ二つに切り裂きます。そして種を取り除いて、これまた一口サイズに。

レタスは適当に千切ります。

ほうれん草は根っこを切るだけ。


これですべての材料のカットが完了です。


さっそくフライパンを火にかけます。男の中華は鬼火です。地獄の業火のような炎をたぎらせます。

フライパンから煙が出始めたら油を入れて、温めます。

そしてまずは茄子から投入。茄子は火が通りにくいので始めにやるのです。熱い、油がはねました。

茄子がいい感じにしなびてきたら豚肉を投入して、ちょっと間を開けて残りの野菜を投入。これですべてフライパンに入りました。

しゃかしゃかと炒めていき、塩・胡椒を軽く振りかけます。

最後に豆板醤とオイスターソースを投入してよく混ぜたら出来上がり。


んー、非常にご飯が進む、素晴らしい味でした。
ここまで書いて気がついたけど、まったく面白くない記事に仕上がってしまった。サーセンwww
社長とは名ばかりで、ホントはニート生活。こんばんわ、蒼也です。

さあ、今日は野菜炒めに挑戦するぜ。
しかしアレだ、野菜炒めってどうやって作るんでしょうか。作ったことないし作り方も見たことないのでわかりません。

でも名前から察するに、野菜を炒めれば良さそうだから、なんか気合いでできそう。


早速、材料を買いに行きます。

野菜炒めっていうくらいだから、野菜を買わなきゃ始まらない。適当に食いたい野菜をチョイスしていくことにしよう。


こないだ炒飯用に買ったレタスが残っていたから、レタス以外で捜してみます。

ピーマンだ。やっぱ中華風の野菜炒めといえばピーマンが入ってた気がする。よしピーマン決定。

そのまま進むと、今度はほうれん草が目に入ります。ほうれん草は大好物です、これは絶対に外せません。栄養もたっぷりだし、なんかほうれん草って神秘的じゃないですか。ほうれん草ですよ、ほうれんってなんだよ。草なのかよ。草か。

あとは茄子。茄子は確か好きだった気がする。中華っぽい野菜炒めに合いそうだし、ちょっとエッチな女子大生が俺の部屋にやってきて、茄子の太さとテカリ具合に思わず秘密の穴(シークレットホール・マイセルフ)に入れてしまう可能性も期待できる。決定。

うん、野菜も4種類あれば十分だろ。これ以上買うとコストがかさむし、冷蔵庫に入らなさそうだ。


さて次は。

肉だ。野菜炒めといえ、野菜だけでは物足りない。肉が必要です。でも牛肉は高いので豚肉にしておきます。

とはいえ、どの豚肉を買えばいいのでしょうか。豚肉とひとことで言っても、なんかいろいろあるぞ。しゃぶしゃぶ用、うん、これは確実に違うな。生姜焼き用、おお、なんか「焼く」って点で合ってそうだ。これにしよう、生姜焼き用の豚肉を購入。


よし、あとは調味料だ。塩と胡椒はあるけど、なんかそれだけの野菜炒めって美味そうなイメージが全然沸かん。なんか決め手になるキラー調味料が必要なんじゃないか。

とりあえず中華料理っぽい調味料がたくさんある棚を発見したので、そのなかからチョイスしてみることに。


豆板醤(とうばんじゃん)。


これはいるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!


俺は辛いものが大好きなんです。ラーメン通のくせにラーメンにキムチ入れて食べるくらい辛いのが好きなんです。ラーメン通のくせにラーメンより辛い食べ物が好きなんです。

よし、豆板醤決定。

あとはソース的な調味料があればおk
そして俺の目に飛び込んできたのは、オイスターソース。おお、なんか中華っぽい。コレにしよう。オイスターソースだ、なになに、カキから作ったソースなのか、初めて知った。


んー、なんかおいしそうな野菜炒めができそうだぞ。

無駄に後編に続く。
麻雀がやめられない。こんばんわ、蒼也です。

相方の一輝がキャバ嬢処刑人としてブログを始めました。
始めましたってか、わりと前から始めてるんだけど、また更新滞るとアレだから、紹介するのは控えてたぜ。どうやらそれなりに更新してるようなので、紹介しときます。

キャバ嬢処刑人
http://casthunter.blog88.fc2.com/


内容は、ま、一輝がキャバ嬢処刑人として、最高級の容姿と鉄壁の防御を誇る難攻不落のキャバ嬢たちを処刑していくというブログですね。いやはやあやかりたいものです。俺なんて昨年、お気に入りのキャバ嬢と突然連絡が途絶えたと思ったら、いつのまにか辞めてやがったかんね。


「年明けたらカラオケとか行こうね~」


とか最近発売されたマックの新しいノートPCよりも薄い約束を交わしたのに、辞めた途端に俺との連絡も消去ですよ。なにこの、通勤電車の隣で吊革に揺られてるさえないおっさんの頭よりも薄い関係は。


ふんっ、いーもんいーもん、別のキャバ嬢としゃぶしゃぶ食べに行ったから。


と、まあ、情けない独白をしたところで、次回はクリスマスについて熱く語るぜ!嘘だぜ!

初音ミク

ソフトオンデマンドに就職しようぜ。こんばんわ、蒼也です。

ニコニコ動画は毎日チェックしてます。その日のランキングを必ずチェック。あー、いいなニコニコ動画、俺もいつか動画をアップしてランキングに載りたいぜ、みたいなことを妄想したりするわけですよ。

そんないまも、ニコニコでプラチナって曲を聴いてる。昔やってたカードキャプターさくらのオープニングだったやつ。なにげにいい曲じゃないか。


で、動画をアップしたいんですよ。

なにをつくれば人気がでるかなと頭を悩ませる。俺には動画編集技術もソフトもないから、MADは作れねーし、そもそもアニメとかよく知らん。らきすたと涼宮ハルヒの憂鬱しか知らん。じゃあアレか、歌ってみた系とか吹き替え動画とかか。でも俺は歌上手くないし、特にエッジが効いてるわけでもない。

そんな折、初音ミクのオリジナルソング「メルト」を聴きながら、ああなんていい曲なんだろうとか感動に打ちひしがれていたんですが、そうだ、初音ミクに俺のオリジナルソングを歌わせるってのはどうだろうかと思ったんです。


いかんせん俺は20歳くらいの頃、とても暗い子で、ひとりでDTMとかしてたんですよ。曲とか作りまくって100曲くらいあるんですよ。

こいつらをリメイクして初音ミクに歌わせてみるってのはいいんじゃないか。もしかしたら大ヒットしちゃうかもしんない。陽の目を見ることのなかった埋もれた曲たちにスポットライトを!


というわけで、時間ができたらやってみようかと思ってます。アップしたら報告するんで、聴いてやってくださいな。

じゃ、おやすみ。
一万年と二千年前から愛してる。こんばんわ、蒼也です。

キャベツを切ってたんですよ。左手の筋がおかしくなるくらいキャベツを千切りしてたんです。オフィスで。

ちょうど昼ごろですよ、お昼ごはんでもつくろうとキャベツを切っとったんですよ。

そしたら毎月、月初に積立貯金のお金を回収に来る銀行の営業マンがやってきたんです。おっさんです。そいつが凄くいいやつなんですよ、腰が低くて丁寧で、いつも笑顔を絶やさない。

でも俺はキャベツを千切りしとったので手が離せなかったんです。だから副社長に扉を開けてもらった。扉を開けた銀行マンの目に入ったのは、なぜか必死の形相でキャベツを千切りしてる社長。そして、金を取りに行った副社長からは、「しゃ、社長、お金が足りません」。


あ、おろすの忘れてた。


いつもは世間話を長々としていく銀行マンのおっちゃんだったが、逃げるように帰ってきました。


お金はないわ、社長はキャベツ切ってるわ、そりゃ逃げますよね、すんません。
「ひぐらしのなく頃に」は大切な何かに気付かせてくれる名作。こんばんわ、蒼也です。

最近、すっかりキャバクラの話を書いていなかったですが、たまに行ってます。なにげにキャバクラの記事んときはレスポンスが微妙。あ、あんま面白くないのか!?


いまはとあるキャバクラのナンバークラスのキャバ嬢といい感じです。

それはそれとして。


最近、妙に体調が悪い気がする。不屈の肉体を持つこの俺が。ぬぬ、いかんともしがたいぜ。仕方がないので風呂場で影山ヒロノブを熱唱してやった。
「やらないか」を聴きながら今日もエロ動画を探します。こんばんわ、蒼也です。

さて、飯の支度をしたにもかかわらず、ひぐらしを朝までやってしまい、結局食わずに寝た俺。当然、目が覚めると昼過ぎなわけで、あー、でも飯を食わずにゲームしてただけあって激烈に腹が減っています。


ようし、いまこそ飯を作るときだ。


まずは昨晩炊いたご飯の様子をチェックしてみよう。

カチャ。

炊飯器を開けてみると、あれ、ご飯にふたがついとる。なぜだ、ふたを開けたのにふたがついとる。

よく見ると、炊飯器の裏っかわについてる銀のやつでした。
つまりアレです、炊飯器の容量をオーバーするほどのご飯が炊けて、裏のフタがご飯にくっついちゃっています。おかしい、こんなに炊くつもりはなかったのだが。まあいいや、多いに越したことはないぜ。



続いてご飯の炊け具合を調べるべく、しゃもじでつついてみます。



ん。



大変です、ご飯が石のようです。

いや、でも俺はちょっと固めのご飯のほうが好みだから、こんくらいでちょうどいいのかもしれない。よし、とりあえず試食してみよう。



あ。


だめです、噛めません。食べるっていうレベルじゃありません。むかついたので水をぶっ掛けてみました。



もうこのご飯はだめだ。これはいつの日かおじやにでもして食べよう。この後スタッフでおいしくいただきましたってやつだ。

やはりご飯を炊くときはちゃんと分量を量らないといけないようです。勘でやっても上手くいかない。っていうか、勘ですらない。なにも根拠がない。


俺はご飯を炊きなおすべく、スーパーへ計量カップを買いに行き、今度はちゃんと分量を量って炊くことにしました。「ご飯 炊き方」とググってちゃんと正しい炊き方を調べる。ああ、そうか、炊飯器に書いてあるのは、お水の目安だったのね、どーりでたくさん炊けちゃったわけだ。



しばらくしてご飯が炊けた。



今度はちゃんと炊けたぞ。よっし、じゃあチャーハンつくるぞ。


豚肉を切って、レタスをちぎって、ネギを刻んで、卵を割ってかき混ぜて。


フライパンを鬼のように熱します。煙が出てます。油を注ぎます。煙が出てます。


豚肉を投下してみます。



うおっ、火が出た。フライパンから火が出た。やべえ、かっけぇ。俺、料理の鉄人みたい。



卵を入れて、すぐさまご飯をぶちこむ。俺は鉄人ばりにフライパンを返す返す。

ほどよくネギとレタスを投入して、塩、こしょう、コンソメで味を付け、最後に醤油を少しフライパンにたらして香りをつけて出来上がり。





すまん、オチはない。普通に美味かった。

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。