カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あー、桜が綺麗だ、鼻水が出る。こんばんわ、蒼也です。


歌舞伎町のキャバクラで某○イバーエージェントのフジタ社長がいた。


歌舞伎町のフジタ


渋谷で働くフジタ



歌舞伎町で働く社長のプロフィール
http://www.nightstyle.jp/rafflesia/details/cast42.php
スポンサーサイト
今日は渋谷までお昼を食べに行きました。しかも歩いて。こんばんわ、蒼也です。

忘年会だぁー、と年末にキャバクラに行った話は覚えているでしょうか。フリーで入ってついたキャバ嬢4人くらいにメールしたのに、返信があったのはひとりだけだったという、悲劇的なお話です。客にもなれない俺。ホントにファックです。

それでですね、その唯一返信をしてくれた人を見る目のあるキャバ嬢がもうすぐ誕生日だと申告してきたんです。

キャバ嬢にとっての誕生日ってのは、まったくもって地獄のようなイベント。
誕生日イベントの日は、店からは客を呼べとのプレッシャー。そして誕生日イベントと題しているのに、もしお客さんが来なかったら、それは悲劇以外の何物でもない。これほど滑稽なことはないのです。だからこそそのプレッシャーは想像を絶するぜ。みんなお客さんをたくさん呼ぼうと必死になるのです。

そんな恐怖のイベントである誕生日ですが、それは客からしても同じです。
誕生日イベントに行ったとしても、基本的に指名嬢が自分に付いてる時間はほとんどありません。その子を指名しに来るお客さんだらけなんで当然ですね。だからといって行かないと、もうそのキャバ嬢を落とすのは絶望的になるでしょう。そんな来店必須イベント。でも行ってもたいして楽しくない。


そんなキャバ嬢にとってもお客さんにとっても畏怖の対象でしかない誕生日イベントですが、その告知が来たのです。まるで死の宣告です。


でも俺は別に指名してたわけでもないので、仕事を理由に断っても大して痛くありません。
だからここは体よく断ってしまおうかと思っていました。


しかし。


しかしですよ。


そのキャバ嬢の告知の仕方が、あまりに謙虚なものだったので、なんか力になってあげたくなっちゃいました。なんていい人なんでしょうか、俺は。いまなら交際受付中です。気になる方はmixiから!


そんなわけで、指名嬢でもないのに誕生日に行くことにしたのです。

でもこれって、非常に強力な感謝の気持ちを覚えさせられる、有効な手でもあるのです。


初めての指名が誕生日だなんて、これほど強力なタイミングは他にはナイィィィィィィィィィィィィィィィィィ。


そして、当日。

案の定、その子はほんのちょっとしか俺に付かなかったけど、大変感謝してた。そりゃ嬉しいだろうよ、プレッシャーに押しつぶされそうな状態で、本当にお客さん来るかなと心配で心配でしょうがないときに、たまたまフリーで付いたお客さんが初指名で来てくれるなんて。


とりあえず、そんな状況を利用して、飯食いに行く約束をしときました。


さてはて、店外デート、はたして実現するでしょうか。

バイク死す

はい、こんばんわ。オナニーする暇あったら三国無双オンライン。蒼也さんですよー。

さて、俺の足と言えば、かの有名なYAMAHAネイキッドバイクの名器、否、名機であるZEALなのですが、ここんとこ冬眠中だったのです。

会社に行く時は、もっぱらバイクだった俺ですが。あ、いま、「もっぱら」って漢字で書こうとしたんですが、「専ら」って、どうせ貴様ら読めまいと思い、最大限の優しさを発揮した俺はわざわざBackSpaceで消して平仮名で書きなおしましたよー。

わーい、褒めろ。

話の腰を折ってしまいましたね。

で、ほら、最近寒いじゃん。寒いけどさ、パンツの上にパンツをはいてさ、いや、パンツって言ってもおパンツの方じゃないよ。ズボンのパンツのことだよ。ってか、なんでどっちもパンツなんだよ、紛らわしぜオマエラ。だいたい、なんでズボンのことをパンツって呼び出したんだよ。昔はズボンだったぞ、誰もがズボンのことはズボンと呼んでいた。それがいつからか、原宿かどっかのオシャレボーイズが「パンツ」だなんて呼び出すもんだから、文字にすると区別がつかん。

おま、パンツの上にパンツをはいてって一文も、おパンツの上におパンツをはいてだと、どんだけ下半身を防御したいんだ、いったいオマエはこれから誰と闘うんだ、むしろ捕手か。捕手なのか。ダルビッシュの球を受けるのか。それともダルビッシュの玉を受けるのか。それはサエコだ。

そんなふうに話が脱線しちゃうし、百歩譲って、おパンツの上にパンツをはいてだと、なにそれ普通じゃん、むしろ普段の恰好が気になる。ノーパンか、ノーズボンかどちらかなのか。むしろ何もはいていないのか、なんて110番ものですよ。


だいたいアレだよ、半ズボンのことを何て呼べばいいんですか。

半パンツって呼ぶんですか、なんか金玉が半分だけはみ出しちゃってるパンツみたいで嫌じゃないですか、そんなの。B'zに謝れ。



で、ズボンの上にズボンをはいて、上着は5枚くらい重ね着して、ジュクハラの裏の方のウラハラのオサレさんたちもびっくりなくらい重ね着して、ブーンとバイクに乗るもんだから、あんまり寒くなかったんですよ。

けれどある日、事件が起こったんですね。

いつも俺は近くのマンションの前にバイクを停めていたんですよ。なんか他のバイクとかも置いてあったし、マンションの前って、そのマンションの住人を装えるから比較的安全だと踏んでいたんです。それで何ヶ月も凌いできたんです。


そしたらさ、駐禁切られてやんの。


あうちですよ、あうち。駐車料金1万円かよ、みたいな。


それで俺はすっかりご機嫌斜めになってしまいまして、もうバイクでは行かん、と電車通勤を始めたんです。電車通勤はそれはそれで本とか読めるし、意外と快適だった。

でもやっぱり金がかかるんですよ。自宅からオフィスまではたったの3駅なんですが、乗り換えがあるんです。東京メトロから東急に乗り換えるんです。だから3駅のくせに片道300円超えやがる。


だから、最近暖かくなってきたことだし、久々にバイクで行くかなと思ったんですよ。2か月ぶりくらいですかね。



エンジンがかからなかった。



それでも頑張ってセルを回してたら、ついにバッテリーが上がった。ってか、上がる寸前。

でも俺は諦めなかったんです。押しがけってのを試してみたんです。
駐車場の一番後ろまで下がって、気合いでバイクを押す。押しながら走る。



「ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」(心の声)



エンジンはピクリともしませんでした。
元の位置まで戻すのが凄く大変だった。


しばらくバイクには乗れません。

金玉万華鏡

あい、仕事中の蒼也です。こんにちわ。

相方の一輝がメルマガ始めやがった。
これで俺の人気を一気に抜いてやろうって算段か、なんてエロいやつなんだ。

しかもアレですよ、タイトルが「キャバ嬢処刑人の1日1分!【モテる男育成講座】」ですよ、どんだけモテる男を養成したいんだっていう話ですよ。モテる男なんてこれ以上いらないぜ、俺が全部独占してやるんだからねっ><


ちなみにコレね。
http://archive.mag2.com/0000260923/index.html
酔いつぶれた。酔っ払い過ぎてタチの悪い人になってました、反省。こんばんわ、蒼也です。

年末に忘年会と称して行ったキャバクラにて、5人のキャバ嬢の連絡先を入手して、うち4人のキャバ嬢へとメールを送ったんです。

メールしていくうちに気に入った女の子を指名しようかな、みたいな。
それくらいどの子も決め手に欠けていて、俺も誰を指名すべきか迷っていたわけなんですよ。

ひとりは元々指名しようと思っていたくらい顔がかわいい。とてもかわいいんですが、喋り方がタイプじゃない。ノリが絶対俺とは合わなそうなのです。

2人目は顔もキャラも比較的いい感じ。しかも有名人。でも、どうも俺とは住んでる世界が違う感じがするんです。

3人目はレベル的には一番落ちる。しかし、ある意味、一番手が届きやすそう。そんな新人キャバ嬢って感じの子です。

4人目は、年齢が一番近くて、性格も良さそう。ただ、ガラガラ声がどうも俺のタイプではないのです。


さて、そんな感じで、とりあえずもっと話してから決めっかなー、なんて思いで4人にメールしたんです。これからじっくり見極めてやればいいか、なんという上から目線。




その結果・・・。




ひとりしか返信してくれませんでしたー\(^o^)/オワタ




ちなみに4人目の女の子。




さて、どうしたもんかな・・・。
花粉症の薬を飲んだら、口の中がカラッカラ。こんばんわ、蒼也です。

花粉症があまりにひどくて仕事にならないので、鼻炎カプセルを飲みました。こいつは最終手段。俺は薬を飲むと症状がぴたっと治まるんですが、今度は副作用に苦しむ体質でして。口はカラカラになるわ、頭はぼーっとするわ、異常に眠くなるわで、やっぱり仕事になりません。早く甜茶が利いてこないかしら。


毎朝、お鍋で湯を沸かし、甜茶のパックを入れて煮立てて、ちびちび飲んでるぜ。


ところで恋愛マニュアルみたいな本がインターネットでいろいろ売れらているんです。そのほとんどが、ページがやたらと長くて、108スクロールくらいしないと下まで行かない。途中、とてつもなくでかくて赤い文字で、何かをアピールしている。ある方法を実践しただけで、いままで童貞だった僕が急にモテモテの人生に!みたいな怪しげなキャッチコピーが散乱しとる。

たまに作者の顔写真とかも載ってて、それがまた恐ろしくブサイクなんですよ。お前、どう転んだってモテねーよ、ってくらいブサイクなんですよ。いや、もしかしたら人間じゃないのかもしれないけど。モテる対象が。


まあ、そんな怪しげな恋愛マニュアルが世の中にはたくさん存在していて、いったい誰がこんなもん買うんだろうといつも訝しがってしまうのです。だめだ、俺には理解できん。


しかも。しかもですよ。そんな怪しげな本が2万円とかで販売されているんですよ。本当は4万円のところを今なら半額!みたいな。みんな揃ってその手法なんです。恋愛業界はどんだけ半額ブームなんだと。その前に根本から顔変えてこいと。


そんな恋愛マニュアルのページで、なんか無料サンプルとか配布してるとこがあったので、試しにサンプルを請求してみることにしよう。

請求の仕方は簡単。名前とメールアドレスを入力すれば、それでOK。

メールアドレスはこのブログで公開してるやつを入力っと。名前はなんてしよう、とりあえず「夜神月」と入力しておきました。


するとすぐにメールが届いて、サンプルの在りかが示されたURLが記載されていました。そこからPDFのサンプルを入手。よし、さっそく開いてみよう。

開いてみると、WORDでただ書いただけ、みたいな冊子データで、なにやらモテるためのノウハウみたいのがちょっと書かれてた。内容は忘れた。

そしたら次の日からメルマガが配信されるようになりました。

「夜神月さん、こんにちは!」

みたいな感じで始まるの。



うお、俺の名前を読んでやがる!

いや、ホントは俺の名前じゃないけど。


ってか、明らかに俺は夜神月じゃないだろ、おかしいだろ、お前も絶対嘘だって思ってるだろ、思いながらも「夜神月さん、こんにちは!」って精一杯の元気を振り絞って言ってるだろ。ちょっとかわいいじゃないか。


ってことはアレか、もし俺が「ハイパーオナニスト龍一」とか「織田シコシコ丸」とか入力してたら、「ハイパーオナニスト龍一さん、こんにちは!」とか「織田シコシコ丸さん、こんにちは!」とか精一杯の爽やかさで呼んでくるのか。

そこは気を使って「龍一さん、こんにちは!」とか「織田さん、こんにちは!」とか端折ってくるのだろうか。むしろ「織田シコシコ丸さん、こんにちは!今日もシコシコしてますか!?」とか気の利いたこと書いてきたら、思わず買うね。


まあ、そのメルマガは全部で10回配信で、俺はご丁寧にも最後まで読みましたよ。毎日、1通送られてるんの。「今日はマニュアルを読んで成功した方の体験談をご紹介します!」とかそんな感じで送られてくる内容を、しこたま読んでやった。

何度、「夜神月さん」と呼ばれたことか。だんだん、俺はキラかもしれないと思ってくるから不思議。試しにノートに名前書いてみちゃったよ。ムスカ大佐って。彼、死んじゃったかもしれん、すまん。


そんなめくるめく恋愛マニュアルのことがたくさん載ってるサイトがあるんで、紹介してやるぜ。巷の恋愛マニュアルをランキングしてるサイトなんですが、商品クリックすると噂のめっちゃ長くて怪しげなページに飛ぶことができるぜ。「おお、この本は凄そうだ!」「ちょ、絶対ウソだろ、この内容www」などと各自楽しんでみてください。


■恋愛マニュアル比較ナビ
http://lovemanual-navi.com/


ちなみに相方の書いたキャバクラ本も載ってるお。
あー、だめだ、今日は本当にだめ、花粉がやばい。こんばんわ、蒼也です。ハックショィ。

目を掻きすぎて目玉が取れそうになったよ、アッハッハ。くしゃみが20秒に1発出ます、軽く近所迷惑です。一昨日から甜茶飲みだしたけど、まだ効果ねーぜ、もっと早く購入するんだった。ちなみに通販。


ところで、突然だけど女の子の一人称について考えてみようと思う。


メールとか日記とかでさ、「私」と言う女の子と「あたし」と言う女の子がいるじゃんか。だいたいどっちかに分かれるじゃんか。ま、自分の名前を一人称にしちゃうかわいらしい女の子もいるけどさ。関西なら「うち」とかもあるか。稀に「あたい」とか「あちき」とか「わっち」とか「おいどん」とか言う女の子もいるけど、ま、だいたい「私」か「あたし」だと思うんですよ。


で、どっちの一人称を使うかによって、何かしらの女の子の傾向があるんじゃないかと俺は着目したわけなんですよ。

ほら、男の場合は「俺」か「僕」が主流だと思うんだけど。いや、二丁目のほうに行けば「アタシ」とかもいるけど。どんだけー。

「俺」と「僕」だとなんか印象がハッキリするじゃん。「俺」の方が男らしそうで、「僕」の方が大人しそう、真面目そう、みたいな。ま、「それがし」とかの方が真面目そうだけど。「拙者」なんて言った日には男らしいを通り越してもはや武士だ。


まあ、とにかくだ、男の場合はわりと使い分けがはっきりしているわけですよ。

じゃあ女の子の「私」と「あたし」の違いはなんなんだろう。どういう主旨で選択するのか。それがわからん。いままで見てきた限りだと、特定の傾向が見られないですよ。「あたし」と言う女はこういうやつが多い!みたいな傾向がないのです。

強いて言うならば、「あたし」と言う女の子がギャルだった場合、「ぁたし」と「ぁ」を小さくしてくるやつがたまにいる!ってことくらいですかね。今度、俺も「ぉれ」とか言ってみようかな。なんか急にかわいらしい雰囲気になるね。


ってか、大半は「私」か「あたし」だー、とか言ってスタートしたこの話題ですが、よく考えてみたら、自分の名前で言う女の子もかなり多いよね、若い女の子だと。俺は自分のこと名前で言っちゃう女の子が大好きです。でも、ちょっと名前を選ぶよね。だって、源三郎とかいう名前だったら、「源三郎はぁー、昨日ねぇー」とか言うんですよ。ちょっとキモいですよね。

そういや、たまに名字で言う女の子もいますよね。なんか名前じゃなくて名字だとビジネス的な雰囲気が出るかもしれん。今度、クライアントとの打ち合わせの席で、「次の広告戦略の件ですが、高田はこのように考えております」って言ってみよう。なんかちょっとぶりっ子っぽくて高評価なムードだぜ。


みんなはメールとかで一人称を何て書きますかぃ?

ちょ、花粉で死ぬwwwこんばんわ、蒼也です。

まあ、ここでカミングアウトすると、俺は花粉症なのです。今年はあんま来ないなーとか思ってたら、最近急に目がかゆくなり、鼻水があふれ出て、くしゃみがエンドレス。

おかげで、うるせーうるせー。俺のくしゃみは男らしい俺に似合って、とても豪快なくしゃみを催すんですが、そのまるで範馬勇次郎を彷彿とさせる、女性の心を震撼させるくしゃみも、いまとなってはただの騒音です。


花粉とかいって、まじウゼーゼ!滅殺してやりたいぜ!


花粉を叩くにはまずは元から。そう、元を断っちまえばいいんだ。

俺は杉の木を伐採することにしました。日本から杉の木をすべてなぎ倒してやる。そして花粉のない平和な世の中をつくるんだ。なんか俺、ヒーローっぽいぞ。悪の大魔王を倒しにいく勇者さながらに、胸に愛と勇気を秘めて旅立ったのです。


「よし、待ってろよ、杉。この俺が成敗してくれるわ。ひとつ、人世の生血を啜り、ふたつ不埒な悪行三昧、みっつ醜い浮世の杉を、退治てくれよ蒼也太郎」


俺は勇ましくも最寄り駅へと歩を進めました。


途中で犬と猿をお供に連れて、でもキジはどの鳥がキジなのかがわからなかったので、代わりに鳩を連れて行きました。

さっきから、頭を前へ後ろへと平行移動させとるけど、こいつ役に立つのか。表情がアホすぎる。ってか、よく見ると猿もただの猿顔のオヤジな気がしてきた。犬はさっきからウォンウォン吠えやがる。うるせー。


そんな妄想をしながら最寄り駅までたどり着いたんですが、何線に乗れば杉までたどり着けるのかわからんくて、諦めた。


いまは家に帰っておとなしく甜茶とか飲んでます。

なぞなぞ

恋なんて、この俺が恋なんて認めるものか。こんばんわ、蒼也です。

今日はなぞなぞです。コピペです。


目の前に2つの門があります。
1つは天国に続いていてもう1つは地獄に続いてます。
それぞれの門の前には門番が立っていて、どちらかは本当のことしか言わなくて、どちからは嘘しか言いません。

あなたは門番のひとりにひとつだけ質問ができます。門番はイエスかノーとしか答えません。さて、門番にどんな質問をしたら天国にいけるでしょう?


みんな知恵を絞りやがれー。

ギャンブル

とめどなくガスが溜まっていく、俺の胃腸は再起不能。こんばんわ、蒼也です。

ギャンブルってやらないんですけど、いや、昔、競馬はやってましたね。G1のときなんか、一週間前から週刊ギャロップを購入して予想を開始する。一週間、考え続けて、究極の予想を打ち出す。でも当たんねーでやんの。

麻雀はネットでしかやらんから、もはやギャンブルじゃねえ。

パチスロとかパチンコとか面白いんでしょうか、100万年と2000年前から愛してるんでしょうか。合体するんでしょうか。

みんなパチンコとかするのかぃ。そして儲かるんですか、パチンコは。
三国無双オンラインで他のプレイヤーにフルボッコされます。こんばんわ、蒼也です。

そんなわけで、お気に入りのキャバ嬢に辞められてしまい、連絡もつかず、失意の中にいる俺でしたが、クリスマスも過ぎ、年末まっ盛りに突入していました。


忘年会だー。


そう、今年の忘年会はみんな(2人)でキャバクラ行くぞー、初回料金でハシゴだー、みたいな野望を立てていたんです。目当てのキャバ嬢はもういないが、代わりのキャバ嬢なんていくらでもいるぜ、打ち終わった銃弾は補充していくものなのさ。

そして僕らはふたたび歌舞伎町の地へと降り立ったのでした。

降り立った時にはなぜか、うちの会社と関係やつらが2人も増えとった。

さあ、今日はフリーだぜ、いろんなかわいい女の子が入れ替わり立ち替わり俺の席へと訪れるっていう寸法だ。それは例えて言うならバイキング。レベル高い女の子のバイキングだ。食えないけど。


まずはいつものお店からスタート。

今日は3件は回るつもりだから、この店にいられるのは1時間。この店だけ初回じゃないから料金が高いんですよね、まあ仕方がない。

そんなこんなで突入した俺ら。とりあえずぽけーと待っていると、めっちゃかわいくてノリよさそうなキャバ嬢がやってきました。んー、ギャルのリーダーって感じです。好きだ。

声があんま好みじゃないけど、顔がいいからお兄さん許しちゃいます。うへへへへ。とか思ってたら、開始2分で呼ばれてどこかへ行ってしまいました。


なにしに来たんだ!!!!!!!!!?


しかし、しかしだよ。俺の元へは次から次へとかわいいキャバ嬢がやってくるではないか。しかも、サイトにも載ってる有名クラスばっかり。なにこのハーレム状態。パラダイスすぎる。食えないけど。

さて、もうすぐ一時間になるぞ、そろそろチェックにしなくては。

一緒に来た友達に目でサインを送ります。






だ、だめだ、友達の目が逝ってる!!!!!!!!!!!!!!



もうちょっと居ましょうって目になっとる!!!!!!!!!!!!!!!!!!




もうどうしようもありません。友達がトイレに行ったのを追いかけて、どうですかと直接尋ねてみます。




「もうちょっと居ましょう・・・」




ちょwwwwwwwwwwwwwwwww

意思弱っwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



しょうがないのでもうちょっと居ました。

てか、2時間半くらいいた。おかげで3件回るつもりが、この1件で終了です。



さて、この日、なんだかんだで5・6人のキャバ嬢とお会いすることができました。その後、その中から何人かピックアップしてメールを送ることになるんですが、そこから物語が始まるのです。心温まるハートフルストーリー。俺のキャバクラでの伝説の幕開けです。(予定

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。