カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やあ、ギャル男日記ってブログなのにギャル男じゃない蒼也さんです。こんばんわー。


人生の時間なんて、限りあるもので、俺らは毎日その限られた時間を消費して生きている。流れる時間は決して止まってくれないから、こうやってなにげなく流れている時間もとっても貴重なものなのです。


最近さー、バイク駐禁切られて、バッテリーまで上がってから、ずっと電車で通勤してた。


こういう移動時間って暇じゃん。

流れゆく景色を眺めるのがたまらなく好きだとか、なんか微妙に揺れてる感じが心の底から興奮するとかじゃなければ、なんかしたいわけですよ、電車。

移動している間も、人生の貴重な時間は刻々と消費されていくんだからさ、この瞬間をいかに有効に使ってやろうかと考える。


まあ、眠たいやつは寝ればいいからいいけどさ、フツーはどうすんの?

俺、あんま電車通勤とかしたことないからようわからん。



とりあえず、こういうことは先人に倣え。

周りを見渡して真似してみればいいじゃないか。


こうやって見回してみると、どうやら本を読むかケータイをいじるかしてる人が多いみたいだ。

まあ、さすがに電車の中でできることなんて限られてるもんな。ギターの練習とかプレステ3とかはさすがにできない。いや、それなりの猛者ならば、ギターの練習くらいはできるかもしれん。ヘッドフォンをアンプに繋げば音でないし。いや、微妙にでるけど、電車のガタンゴトンって音にかき消されるぜ。

まあ、俺も読みたい本があれば本とか読むんだけど、あいにくない場合はどうしよう。

ケータイでメールとか打ってるやついるけど、そもそもメールする相手がいねー。だいたい電車の中で何を送ればいいんだ。「いま電車に乗ってるよー、いえーい」とか報告すんのか?

俺だったらそんなメールきたら即刻アドレス帳から削除する。

てかさー、俺、地下鉄だから電波ねーし。



だから俺は、ホームで2ちゃんねるにアクセスして、最新の書き込みから前のページへ行きまくる。そんで、電車に乗ってる間に、ケータイの戻るボタンでゆっくり閲覧するってワケさ。

毎日、通勤時間は2ちゃんで三國無双onlineの板をチェックするぜ。



じゃあ、またな、貴様たち。
スポンサーサイト

としまえん

はろー、蒼也ですよ。


そいえばさ、こないだ豊島園に行ってきたぜ。

この夏は、夏らしいことと言ったら、豊島園行ったことしかねー。

なんもしてねーよ、仕事とオンゲだけだよ、ひきこもりだよ。



まあ、やっぱ豊島園行くからにはナンパでもするしかないじゃないですか。むしろナンパ以外にすることがない。


さあ、真夏の太陽を浴びながら、ちょっとした清涼感を味わってやろうじゃないかと意気揚々と男3人で出かけたわけですが、あいにくの曇り空です。てか、ちょっと肌寒いです。


もうテンションはダダ下がりですよ、なにこれ、水とか入りたくねーし、しぬの?


そんな憂鬱な感じでプールサイドへと降り立った我々なんですが、そこは天下の豊島園ですよ。空気読んでくれますよ。




プ、プールの水がぬるいぜーーーーーーーーーーー!!!!!!!!




もうなんか温かい。プールの外より温かい。


その時点でもう俺は決めましたよ。今日はずっと流されていよう。


そんな当初の目的を忘却の彼方へと追い去る、いかんともしがたい思想ですが、そんなことどうでもいい。俺は流れに身を任せて、辛い現実から逃避するんだ。



しかし歌舞伎町の呪縛は、そんな憩いの時間を俺に与えてくれるはずはなかったんです。



流れるプールに身を任せていると、ふと視線に入るやたらとかわいい女の子たち。



あ、相方の指名嬢じゃねーかwwwwwwwwwwwwwww



なんと知り合いのキャバ嬢が男女6人でゆうゆうとプールを流れているではないですか。

てか、おい。

お前らは誰だよ、その若い男3人は。



俺らなんか金払わないとお話もできねーのに、なにプールとかで遊んじゃってるの?

しぬの?



もうなんかこの不条理な世の中が急に憎らしくなった。

グラサン頭に乗せて流れてんじゃねー、そそるじゃないか。



悔しいから偶然を装って、話しかけてやったぜ。話しかけたのは相方だけど。



もうナンパする気も失せた。てか、この女以上の女がフツーにこの場に存在しねー。



そして、ちょこっと話して、フツーに別れました。



まあ、キャバ嬢の水着姿をしっかりと堪能させてもらったんで、今日はもうオナニーして寝る。
こんばんわ、蒼也です。ひさしぶり!


いや、まじ放置しすぎてた、ごめん。

コメントが大量にあってビビったぜ。全部返信してやったけどな。



ちょっと体制が整ったので、今日からまた更新復活していきたいと思ってますよ、おまいら。


てか、ここんとこオンラインゲームをよくやってるんだけども、俺ってば女キャラを作成してやっているわけですよ。

で、やっぱ他のプレイヤーとの会話とかでもそのキャラっぽく話してたのね。一人称とかも「あたしねー」とか言ってたわけなのね。


そしたらさ、女性ですかとか聞かれた。


そこでチキンな俺は、いまさら「いいえ、男性です」と言ったらさ、「げー、こいつ男なのにあたしとか言っててキモいー」とか思われそうじゃん。

それはいかんと思って、思わず「うん、そうだよー」とか答えちまった・・・。



かわいいよ、かわいいよ俺。



ゲームの中だとやたらかわいい口調で話す俺がとっても気持ち悪いです\(^o^)/
やあ、蒼也だよ( `・ω・´)ノ


てかさー、海とかもう何年も行ってねーよ、悲しすぎるだろ俺の人生。

でも今年はさ、キャバ嬢とどっか遊びに行こうと思うのです。うん、いつもどおり思ってるだけだけどな。ほっといてください。


リアルで仕事とキャバクラと三國無双しかしてないよ、どうなってんの。


金がないんで遊びに行けない、てか、遊びに行く相手もいないぜ。あ、いいこと思いついた、キャバクラ行かなかったらお金できるじゃん。

でも相手はいねー。

やっぱ行くしかないぜ。



でもアレなんですよ、こないだ前からインターネットで目をつけていたキャバ嬢の店に一輝くんと行ってきたんですよ。


こいつぜってー俺のタイプだぜゲヘヘ、だなんて涎垂らしながら行ったら、ちゃんと俺に付いてくれて、しかもかわいくてー、「きゃー場内指名、君に決めた!」って感じでさ。

すごく楽しい時間を過ごしたわけですよ。



なのにいくらメールしても電話してもまったくつながりません。


うん、天然ぽいからきっとそういう子なんだと必死で自分を慰めてみたんだが、後日、一輝くんだけでその店に行ったときに、衝撃の事実を聞いてきやがった。



俺、嫌われてやんの><><><



なんもしてねーのに、なんで、なんでなの神様。




生きるのがちょっとつらくなりました。

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。