カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなわけで、こんばんわ、蒼也です。


しばらくどの女の子の部屋に入ろうかと物色していた俺ですが、あ、ところで、ライブチャットに登録している女の子のことをパフォーマーって呼ぶみたいです。

通称、パフォ。

なんかオシャレだ、えろいのに。

そんなこんなでパフォを物色していた俺ですが、パーティーチャット中のかわいい感じのパフォの部屋に、ついに入室を試みることにしました。

もちろん覗きで入室ですよ!!

なんせ覗き入室なら、パーティーチャットに参加中の他のユーザーにもパフォにも、現在の覗き人数がわかるだけで、俺が覗いているなんてことはバレない。全然恥ずかしくないぜ、てか、そもそもネットで恥ずかしがるとかどういうセンシティブなんだろうか。


入ってみると、なんか女がしゃべってました。そしてどうやら、チャットの文章と会話しているみたいです。うん、服は全力で着てるよね。

よし、とりあえずしばらく静観してみよう。

なんかものすごくどうでもいい話をしています。景気がどうのとか言っとる、そんなことより早く脱げと心の底から思うが、いかんせん俺はただの覗き野郎なので、ただただ見ているだけしかできない。なにこの歯がゆさ。

こうしている間にもポイントはどんどん消費されていく。20分くらいしか体験ポイントで遊べないんだ俺は、時間は少しも無駄にはできん。


どう考えてもエロい流れにはいかなさそうなので、俺はさっさと見切りをつけて違う部屋へと戦場を移すことにしたのです。戦場とかいって、ただの覗きだけど。


お、今度はちょっとエロい方向に話が進んでるじゃないですか、服脱ぐみたいな話になっている。きた、アタリきたこれ。俺には心の中で応援することしかできないが、チャットしてる誰か、頑張れ。

と、わくわくしながら画面にかぶりついていると急に画面が切り替わって、目の前には「2ショットチャット中」の文字が。


え、え、え。


あまりの突然の出来事に俺には何が起こったのか理解できませんでした。なんですか、俺はパーティーチャットを満面の笑みで覗いてただけなのに、突然2ショットとか、なんなの、しぬの?

そして俺は気付いたのです。

このチャット野郎、俺を裏切って2ショットチャットでエロを独占する気だ。

もうね、怒りと悲しみで拳が震えたね。こんなに震えたのは楽しみにしてたプレステのゲームを渋谷のTSUTAYAに買いに行ったのに売ってなかったとき以来だよ。


それでも俺はめげるわけにはいかない。まだだ、まだパフォは他にもいるんだ。

そう自分に言い聞かせて、次のパフォの部屋へと突入した俺。おおっと、こっちもわりといい感じじゃないですか、よしオマエ、このまま2ショットに行かずにみんなのためにパーティーチャットのまま脱がすんだ。そっちのほうが安いし、オマエにとってもお得だよ!


と、そわそわしながら画面にかぶりついていると、急に画面が切り替わって、目の前には「ポイントが不足しています」の文字が。



体験おわた\(^o^)/



俺は静かにポイント購入ページへと画面を切り替えていった。



つづく。
スポンサーサイト
渋谷付近は坂だらけで自転車きついっす、こんばんわ蒼也ですよ~!


というわけでライブチャット。なにやら画面の向こう側の女の子とちょっといかがわしいことができちゃうんじゃないの的なものだということは知ってはいたのですが、いまいちよく知らないので、まずはちょいと調べてみることにしました。

教えてグーグル先生!!

いろいろ先生に聞いてみると、どうやらライブチャットというものは、ノンアダルトとアダルトの2種類に分けられるようなのです。

うん、アダルトライブチャットならわかる。画面越しに「ちょ、ちょっとおパンツ脱いじゃおうか、ハァハァ」みたいなことをチャットで言って、「えー、恥ずかしいよぉ」とか言いながらパンツ脱いじゃう的な、そんなシチュエーションを楽しむ的なものでしょ。なんか想像してたらすげー楽しそうな気分になってきた。そう、画面の中のこの女は俺の姿は見えないが俺のエロイ要求は聞いてくれる、まさに俺の意のままに動いてくれるのだ、フハハハハハ。まさにチン世紀の神になった気分だな。ネ申。


だが、わからないのは、ノンアダルトの方だ。これっていったい何を求めるんすかwwwwwwwwwwwwwwwwとか2ちゃんだったら草生やして書き込みしちゃいますよ、それくらい謎に包まれている。

出会いですか?出会い目的ですか?だって、こいつらみんな仕事でやってるじゃないですか、出会い系で言ったら登録してる女の子が全員サクラ状態ですよ、出会い系いけよ。

でもまあ、こうやって女の子としゃべるだけでも楽しいっていうやつもいるんでしょう、てか、キャバクラ行ってる俺が言えることじゃないですね。まさにオンラインキャバクラ。


で、当然のごとく俺はアダルトライブチャットのほうを見学してみることにしました。

行ったみたのがDMMライブチャット。なんせ俺はすでにDMMの会員だ。AV動画とかフツーにダウンロード購入してるからね、クレジットカードも登録済みさっ。

でね、どうやらクレジットカード登録するとお試しで何ポイントかもらえて、そのポイントを消費して何十分か体験できるみたいなのです。すでに登録している俺は、もういきなり体験できちゃうのです!やべー、これふつーに体験するしかないですね。

とりあえずDMMライブチャットの「あちゃ」ってやつがアダルトの方みたいなので、左のメニューからそれをクリックしてトップページに。

画面には現在オンライン中の女の子が一覧で表示されています。よく見てみると、どうやら女の子のステータスに3種類あるようで、「待機」「パーティ」「2ショット」と表示されています。待機ってのはまさに待機中の女の子。パーティはパーティチャット中という意味で、これは複数のユーザーがチャットしている状態のようです。ま、だいたいは誰かひとりのユーザーがチャットで女の子と話していて、他のやつがそれを見ながらムフフフフってしているってとこか。2ショットってのは、そのまんまユーザーがひとりしかいない状態で、他のユーザーはのぞくこともできないみたいです。

パーティチャット中のやつとのころに覗きで入って、女の子が脱ぎ脱ぎしてるのを見学するのがまずは無難だななどと思惑を張り巡らせながら、とりあえず女の子を物色。うむ、かわいくないやつがたくさんいるけど、なかにはかわいいっぽいやつも何人かまじっているじゃないですか、なんで2ショットなんだよ、しねよ。


そんなわけで次回に続く。
こんばんわ、蒼也です。


ライブチャットってあんじゃん。

女の子と映像つきのチャットができて、ほら、なんか、パンツ脱いでよ'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァみたいなえっちな要求とかしちゃって、うひょーって気分になること請け合いなアレ。

どんなもんかとこないだ体験してみることにしたんですよ。

次回からちょっどんなもんだったのか書いていこうと思うので、よろしく頼みますよという記事でしたまる。
ほら、わりといいペースだ。



というわけで続き。


なぜかテンションの低い女を相手に合コンしている俺だったのですが、話しているうちに気がついたのです。こいつら人見知りだ。っていうか、ただ声が小さいだけじゃないかと。

とはえいですよ、俺もどちらかというとシャイなボーイに分類される男子なので、この空気の中、


いやっほぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおい!!!!!

ほっほほおぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおい!!!!


などどいったハイテンションを発揮できるわけもなく、だってほら、小学生の時とか隣の席に座っている女子が授業中に消しゴムとか落としたりするじゃないですか。

それがコロコロっと俺の足元へと転がってくるわけですよ。いまの俺なら喜んで「ほら、落ちたぞ(きらっ」などど言って落ちた消しゴムを拾ってあげて、「今度、昼飯おごれよっ(きらっ」などとデートの約束まで漕ぎつけてしまうとこですが、当時の俺は女子と話すのが恥ずかしくて恥ずかしくて仕方なかったので、完全に無視でした。まるで消しゴムなんてそこに落ちていないかのように振る舞っとったね、えっへん。



まあ、そんな生まれ持ったシャイな俺なんで、とりあえずおとなしく会話したりしなかったりしてたわけですよ。


そんな会話のなかで判明したことは、OLちゃん1号は、なかなか物事をはっきりという辛口な女だということ。でも小声。

OLちゃん2号ははっきりいって天然ってやつですね。こっちは俺の目を見て話さん。



そんな、別につまんなくはないけど、面白いぜ~~~~ってわけでもない感じで時間がきました。なので俺らは店を出た。


もちろん、せっかくなんで2軒目いこうぜという流れになって、めんどいんで同じビルの別の居酒屋へ突入。安そーだし。


そこで俺はバジルチキンを頼んだんですよ。バジルチキン、ちょー旨いよね。


それが悲劇の始まりになるとは、思いもよらなかった。


俺がバジルチキンを頬張っていると、相方とOLちゃんが仕事の話をしだしたんです。
俺ら自営業だからけっこう自由だよーみたいな話を相方がしていて、朝とか何時に起きるのみたいな展開になって相方はこう言いました。


「昼の3時くらい」


いや、たしかに俺は知っているけど、まさかそんなことを臆面もなく申し伝えるとは全然予期していなくて。


ほら、よく2ちゃんとかで面白いスレとかみて「コーヒー吹いた」とか言ったりするじゃん。


吹いたよ、バジルチキンを。


しかも向い側のOLちゃんの顔面に飛んでった。しかも対角線上の最も遠い位置にいるOLちゃんの顔面にクリーンヒットした。



俺、おわた/(^o^)\



そのまま微妙な空気になって俺らは解散したのでした。お前らもバジルチキンには十分注意しろよな。

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。