カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなこんなで、まだ見ぬ美少女を求めて大手ライブチャットであるエンジェルライブに突貫してみることに。


もちろんお試しポイントでウハウハしてしまおうという魂胆です。ウハウハっていうかシコシコといったほうが正確かもしれん。


無料お試しポイントをゲットするためには、どうやら会員登録をしてクレジットカードを登録だけすればいいらしい。


一時期、カリビアンコムにも登録してたことのある俺としては、そんなことは朝メシ前である。

会員登録には本名は必要ない模様だが、はじめから本名を登録する気まんまんだった俺にはどうでもいいことです。
さらさらと会員登録をした後に、そのままクレジットカードの登録まで済ませてしまう。ふっふ、ようは登録するだけで使わなければいい話だぜ。


無事、すべての登録がおわると、俺の手元には20分ぶんのポイントが付与されました。


20分、そう20分の勝負。

20分なんてなにげにあっという間だ。無駄に消費するわけにはいかない。


できれば入室する女の子はひとりに絞ったほうがいい。

キャバクラと一緒で写真なんてまったく信用できないので、なるべく待機画面で動いてる姿を確認したいところ。しかし、人気がありそうな女の子は待機していないじゃないですか。これでは顔面が確認できないぞ。すでに誰かとチャット中の女の子は写真しか見れないんです、しね。


ここで考えられる選択肢はふたつです。

妥協して、いま待機中の女の子の中で一番かわいい子を選択するか。それともすでにチャット中の女の子の写真で、期待がもてそうな子に賭けてみるか。

前者ならとりあえず火傷を負うことはないだろう。

しかしこの限られたチャンス、妥協してしまってもいいのだろうか。


否。


俺は攻める。倒れるときは前のめりだ。

それに、入室してみてかわいくなければ速攻退出すればいい。そうすれば被害は最小限に抑えられるのです。


そうして、チャット中の女の子をチェックしていると、とんでもない女の子を発見してしまいました。

かわいい、かわいすぎる。いや、写真は信用できないから過度な期待は禁物なのですが、それを差し引いても絶対にかわいい。


俺の心は決まりました。


いまからこの子が恥じらいながら服を脱いでいくと思うと、もうなんていうか、体中からアドレナリンが抑えきれず、俺のキャノン砲が発射準備に入る前に暴発してしまいそうで危険極まりない。

もちろん、チャットで何話せばいいかわかんないので、覗きモードで入室します。覗きモードなら、すでにチャットしている男と女の子のやりとりを見てればいいだけなので、楽なもんです。俺のような人見知りでも問題ないぜ。


そんなこんなで、ついにめちゃかわいい女の子の部屋へと入室していきました。
スポンサーサイト
さてさて、ライブチャットというものをやってみようと決意したわけですが。


ライブチャットといっても、世の中にはたくさんのライブチャットサイトが存在しているわけで。じゃあ、いったいどのサイトを選ぼうかという話になってくるわけですよ。


あいにく、それぞれのサイトを覗いてみると、現在待機中の女の子とかが写真付きで見ることができた。


おお、これならかわいい子が多そうなとこでやればいいではないか。


あとはこういうアダルトなサービスなので、信頼できそうなところがいいと思い、なんかサイトデザインとかちゃんとしているところから選ぶことにする。やっぱ店構えがいい店で食事したほうがおいしそうですもんね、ハエがたかっているような飲食店に入ろうとは思わん。ただしラーメン屋ではこの基準は逆転しますけど。なんかちっちゃくて小汚いラーメン屋のほうがオヤジの秘伝のスープが味わえそうになるから不思議。


というわけで、このサイトに目をつけてみました。

エンジェルライブ
エンジェルライブ


女の子の質けっこうよさそうだし、サイトもすっきりです。

そして、なによりも、吉沢明歩がイメージキャラクターやっとるやないか!


なんて素晴らしいサイトなんだ。よくわからないけど素晴らしいに違いありません。女子高生がチャリンコ漕いでる後ろ姿くらい素晴らしい。その後ろで俺はセンズリこいてるわけだけど。



というわけで、どのライブチャットに突入するかは決まりました。


あとは、このなかから突入する女の子を選ぶだけです。そしたら、まだ見ぬピンクな世界が広がっているに違いないのです。


「蒼也、早くわたしのライブチャット部屋に入ってきて!」


そんな美女の声が聞こえてくる。


こんばんは、こんばんは、蒼也です。


ブログを移転はしたんですが、こっちはこっちでちょっとエロいネタを更新しようかと思っているのです。

俺達は青春の若かりし日々から、毎日毎日、飽きもせずオナニーに明け暮れていたはず。1年は365日なので、10年も経てば合計で3650回はオナニーしたことになります。

3650回オナニーしたということは、3650個のオナニーネタを使用したということでもあります。

まあ、もちろん中には同じネタで済ませた日も当然あるわけですが、なんにせよ、そんなにたくさんオナニーをしていれば、ネタも似たようなものばかりになってしまうはずです。

そうです、俺たちは非常に深刻な問題を抱えているのです。それは「飽き」というものです。

人間、3650回もオナニーをしていれば、ネタに飽きてきてしまうのです。てか、俺は飽きた。


寿司職人と同じで、常に新鮮なネタを求めてしまう、それが俺たちセルフバーニングソルジャーの宿命なのです。
※注 セルフバーニングソルジャーとは、セルフバーニングを愛してやまない戦士たちのこと
※注 セルフバーニングとは、自分で燃え上がること、つまりマイドラゴンを自分の手で火を吹かせる行為のことをさす


そんなわけで、知ってる人は知っている。


知らない人は知らないでいる。


そんな素敵なバーニングスイーツ(オナニーネタのこと)を見つけてきたのです。



それこそが、もうアレだ、タイトルでネタバレしてるけど、ライブチャットなのです。

ライブチャットは新しいバーニングの形ぃいいいいいいいいいいいいいいい。

この物語は、俺がライブチャットにはじめて挑み(正確には2回目)、果てるまでを描いた魂の物語である。



では、また来週。

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。