カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

こんばんわ、蒼也です。


初老なとしまえんで幕を開けた夏休みだったが、まだはじまったばかりだぜ。しかしっ、月曜は夏休みにも関わらず仕事しに会社へ行き、火曜はなにかをしていたため稼動できず。


そして水曜。

群馬からあっきーがやってきた。出た、歳の差10のコンビ打ち。いったいどんなハーモニーを奏でるねん、って俺的にはそれほど違和感はないと思うのだが。

我々は久々の再会を果たし、夢と希望がたくさん詰まった街、Shibuyaへと降り立った。


お日様はかんかん照っており、灼熱の昼下がり。暑さとお盆ということもあり、人はそんなにおらん。しかし、せっかくはるばる群馬からやってきたあっきーのためにも、今日はなんとしてでも連れ出しくらいはしてやりてえ。


と、あっきーが単身突っ込んでいくのを尻目に、ひたすらいい物件を捜す。時刻が夕方に差し掛かる頃、俺の視界にギャル二人組が。


よし、こいつらだ。


「さーせん、なにしてんの?」

女「・・・」

「ちょ、なんか反応してやw いやさ、ここらへんに暑さをしのげる場所ない?」

女「え」

「涼しくて、椅子に座れて、歌とか歌えるところ」

女「それってカラオケじゃん」

「そうそう、連れてってよ」

女「えー、行ってくればー。私たちパフェが食べたいから」

「お、パフェあるぜ。レストランみたいなカラオケ屋あんねん。よし、行こう」


みたいなノリでカラオケ連れ出し。
さあ、これから盛り上がるか、と意気込んでいると。ギャルのやろう、なんか携帯ばっかいじってやがる。話を聞くと、どうやら元カレと戻るか戻らないかの瀬戸際らしい。



そんなの関係ねえ。



けど、関係あるフリをしてほどよく種をまいておく。夜から仕事らしいから番ゲして放流。


ふたたび街へ出て、本日二組目の若そうなギャルに突撃。


「なにしてるん?」

女「えー」


こ、この女はすげー若そうだと危険を感じた俺は、とっさに年齢を聞いてみる。


女「16」

「そ、そっか、頑張れよ」


俺も歳をとったな。昔は16とか全然余裕だったのに、一歩引くようになってしまったぜ。


それなりに収穫を得て、寿司食って解散。
夜遅くまでできないのが残念だが、まあ群馬は遠いからな。いい手ごたえを感じつつ、夜の街を去っていくのだった。
スポンサーサイト

コメント


今年の夏、1getくらいしましたよね?


お疲れ様です。

あれは関係ある'フリ'だったんすかwww

いま気付いたw

そして打率高すぎて焦った。あの日の蒼也さんは渋谷の首位打者でしたよ。

また遊んでやってください/(^o^)\

>>ちゃら男
むしろ1getじゃ少なすぎだぜ!

>>あっきー
まあちゃんと狙えばあのくらいはな!
その後、めんどくさくて連絡してねえw

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://streetnanpa.blog35.fc2.com/tb.php/403-e0527a08

 | ギャル男日記TOP |