カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフ

蒼也(そうや)
もう全然ギャル男でもお兄系でもないです。ただのオタクです。

カテゴリー

過去ログ

最近のコメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、こんばんは。ちょっと間があきましたが、前回のTV出演の話の続きです。


バクローさんのTV出演が決まり、ついにやってきた収録日。

都内某所のTVスタジオへと歩を進める俺たち。なんかちょっと道に迷ったりしましたが、無事にたどり着けました。いやいや、なかなか立派な建物だこと。


あ、ちなみにお台場ではないです。


とりあえず、出演者はあくまでバクローさんなので、俺はたんなる見学者。お呼びでない人間ということになります。さすがに俺も図々しい神経の持ち主ではないので、ちょっと恐縮していました。なんか居てスミマセン、みたいな感じで縮こまりながら建物の中を行きます。


そして楽屋へ案内されます。

この番組は全部で1時間。20分ずつくらいの3パートで構成されていて、我らがバクローさんの出演するのはそのうちのひとつ、キャバクラ編。各パート、素人さんみたいな方が3人ほど登場します。なので、全部で10人ほどの素人さんがひとつの楽屋に詰め込まれる形になっています。


なかにはいると、なにやら打ち合わせというかリハーサルというか、そんな感じのことが行われていました。


すぐ後ろから観察していると、どうやらディレクターみたいな方が2人と素人出演者が3人、話す内容の確認のようなことをしています。話している内容からすると、合コン編の打ち合わせのようです。


まあ、まずまず綺麗な女性が出演するようですな、下から舐めるように見てやりましたよ、視姦ですね、視姦。


女性の体を見ながらいろんなことを想像していると、なにやら己のドラゴンが暴れだしそうだったので、まあ待て、俺のヴァイオレンスなドラゴンがドラゴンファイヤーを吐いているところなんかが全国区で映されたら、大規模な公然わいせつ罪になってしまうじゃないか、落ち着けよマイボーイ。などとあやします。


そんなこんなで、番組の構成がだいたいわかってきました。


収録ではメインで話すテリー伊藤、優香、原口あきまさ、バクローさん、現役キャバ嬢みなみちゃん、ハゲたおっさんの他に、彼らの披露するテクニックを事前に査定して値段をつける普通の人6人、みたいな存在が映るようです。

本番中は後ろの席に観客のように座っている存在みたいです。彼らがキャバクラの達人たちのテクニックを査定して、ランキングしている、という設定です。


へーとか思いながら、収録の時間が来るのを待っていると、なにやら楽屋内が騒がしい。


なんだなんだと思っていると、どうやらその背景の人達のひとりが急に出れなくなってしまったようです。なので誰か代わりに背景の人になってくれないかと騒いでおります。


はい、周りは出演者ばかり、どう考えても俺以外できませんね、なんですかこの俺を責めるような視線は、こんな空気の中、断れるわけないじゃないですか、これも立派な視姦ですよ。



もう仕方ないです、俺が出るしかねえ、出てやろうじゃないか、どうせ座ってるだけの背景役だろ!



と、とりあえずOKしました。せざるを得ませんでした。



そしてら、「じゃあ背景の人は背景の人で収録があるんで、ちょっと上に来てもらえますか」とディレクターっぽい人が言ってる。




え、なに、収録ってどゆこと、座ってるだけじゃないんですか。




もう行かざるをえないんで渋々行ってみると、どうやら査定しているシーンを撮るんだそうで。

まあ、それくらいなら撮られてやってもいいかなと、なんかそわそわしている他の人達を尻目に、余裕しゃくしゃくの表情を浮かべていると、なんか達人のテクニックに対してのコメントをひとりひとり撮るとかぬかしよる。いや、実際使われるのはそのほんの一部だと思うけど、え、まじですか、心の準備とかできてねえですよ。だいたい俺はただ見学に来ただけなのに、なにこの変な展開、そもそも俺は出演を断ってバクローさんを紹介したはずなのに、なんで結局出演してるんすか、しかもめっさ雑魚キャラみたいな立ち位置で。


などと心のなかではめっちゃ狼狽していましたが、ふふん、コメントとか余裕ですよ、余裕のよっちゃんイカですよ、ゲソゲソ、みたいな落ち着いた顔で聞いていました。んで、なんかしゃべらされました、完全にみんなアドリブです、台本もクソもねえ。


他の背景の人達の3人くらいが新卒の社会人みたいな垢抜けない人たちで、お前ら絶対キャバクラとかいかねーだろみたいな見た目だったんですが、しゃべりも初めての面接みたいなたどただしいしゃべりで、これ絶対本番に使われないだろ・・と、そうなると必然的に俺のカットが使われる可能性が高くなるじゃないか、だいたいなんでこんな芋みたいなやつらが選ばれてるんだ、どういう仕組だよ責任者呼んで来い、みたいな状態でしたよ、まじで。


まあ、そこは俺も大人なので、彼らをカバーすべく、ノリノリでしゃべってやりましたよ、たぶん俺が一番たくさんしゃべった自信がある。




こうして俺ら背景の収録が終わると、いよいよメインの収録が始まりました。優香とかが現れました、めっちゃかわいい。

本番が始まると、あとは特にすることもありません。俺ら背景は背景らしく後ろに座って、たまに笑ったり拍手したりしてればいいだけです。俺はひたすらモニターに映る自分の顔をチェックしてました。


てかね、そもそもテレビに映るだなんて想定していなかったから、服装とか髪型とか全然手抜きだったんですよ、あれは真実の俺の姿じゃないいいいぃぃいいぃ。


しくったわ、少しでも可能性を考えておくんだった、上下ユニクロで電波に乗ってしまった。


ちなみに番組名は「教えて!ムジナさん」で、フジテレビで深夜の1時とかに放送されました。はい、もう事後ですw


ツイッターではちゃんと放送前にお知らせしといたんで、おまえらツイッター登録して俺をフォローしとけばよかったな、じゃあまたの。
スポンサーサイト

コメント

結構前からフォローはしてたけど、ツイッター自体をあまり開かない。


ちなみにいつ放送されたの?

9月の下旬だー

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://streetnanpa.blog35.fc2.com/tb.php/571-ce852ad9

 | ギャル男日記TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。